オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説

アフィリエイト広告を利用しています

オーディオブックナレーターという仕事は、オーディオブックの市場が拡大しているため、今後需要が高まると予想されます。オーディオブックナレーターになるには、どのようなスキルや知識が必要なのでしょうか?オーディオブックナレーターは、声優やナレーターの経験は必要ありませんが、声のトレーニングや発声法、読み方などの基礎知識と技術が必要です。オーディオブックナレーターの仕事は、自分の好きな本やジャンルを読める、自分の声で人々に感動や楽しみを届けられる、自分のペースで仕事ができるなどがあります。この記事では、オーディオブックナレーターになるにはどのようなスキルや知識が必要なのか、また、ライバルとの差を付けるためにはどのようなことをすべきなのか、詳しく解説しています。オーディオブックナレーターに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

  • オーディオブックナレーターとは何か、どのような仕事内容や魅力があるか
  • オーディオブックナレーターになるために必要なスキルや知識、トレーニング方法など
  • オーディオブックナレーターの仕事の報酬や将来性、デメリットや注意点など
  • ボイストレーニングにおすすめの教材:日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

 

  1. オーディオブックナレーターになるにはどんな仕事があるのか
    1. オーディオブックナレーターとは何をする人なのか
    2. オーディオブックナレーターの仕事内容とメリット
      1. 原稿の確認と読み込み
      2. 録音
      3. 編集
      4. メリット
      5. 好きな本やジャンルに携われる
      6. 表現力や読解力が向上する
      7. 働き方が自由である
    3. オーディオブックナレーターになるために必要なスキルと資格
      1. 声優やナレーターとしての基本的な技術を身につける
      2. オーディオブックナレーターとしての専門的な知識や技能を習得する
      3. オーディオブックナレーターとしての人間性や姿勢を養う
    4. オーディオブックナレーターの仕事を探す方法と注意点
      1. オーディオブックナレーターになる方法
      2. オーディオブックナレーターになるときに注意すべき点
    5. オーディオブックナレーターの収入と報酬の仕組み
    6. オーディオブックナレーターの副業としての魅力と可能性
      1. オーディオブックナレーターの副業としての魅力
      2. オーディオブックナレーターの副業としての可能性
  2. オーディオブックナレーターになるには声に自信をつけよう
    1. ライバルに差をつけるためにボイストレーニングがおススメ
    2. ボイストレーニングの基本的な方法とコツ
      1. 声帯を温める
      2. 姿勢を正す
      3. 呼吸法を身につける
      4. 発声法をマスターする
  3. おすすめのボイトレ動画教材
    1. 日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習
    2. 動画講習の内容とメリット
    3. 動画講習の受講方法と費用
  4. オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説まとめ

オーディオブックナレーターになるにはどんな仕事があるのか

オーディオブックナレーターとは何をする人なのか

オーディオブックナレーターとは、本や小説などの文章を読み上げて録音する人のことです。オーディオブックナレーターは、読者に物語の世界観や登場人物の感情を伝えるために、声のトーンや抑揚、間やリズムなどに気を付けながら読みます。オーディオブックナレーターになるには、声優や俳優などの芸能経験があると有利ですが、必須ではありません。大切なのは、文章を理解し、聞き手に伝わるように表現できる力です。オーディオブックナレーターは、出版社や制作会社から依頼を受けて仕事をします。仕事の内容や報酬は、依頼者や作品によって異なります。オーディオブックナレーターは、自分の声で読者に感動や楽しみを届けることができるやりがいのある仕事です。

オーディオブックナレーターの仕事内容とメリット

オーディオブックナレーターの仕事内容は、主に以下のようなものです。

原稿の確認と読み込み

ナレーションする原稿を事前に入手し、内容や登場人物、雰囲気などを把握します。また、発音やアクセント、イントネーションなどをチェックし、必要に応じて修正します。

録音

スタジオや自宅などで、マイクや録音機器を使って原稿を読み上げます。読み方や声のトーン、感情表現などに注意しながら、聴き手にわかりやすく伝えるようにします。

編集

録音した音声をパソコンなどで編集します。ノイズや間違いなどをカットしたり、音量や音質を調整したりします。また、効果音や音楽などを加える場合もあります。

メリット

オーディオブックナレーターのメリットは、以下のようなものが挙げられます。

好きな本やジャンルに携われる

オーディオブックナレーターは、自分が興味のある本やジャンルの原稿を選ぶことができます。好きな作品に声を当てることで、読書の楽しみをさらに深めることができます。

表現力や読解力が向上する

オーディオブックナレーターは、原稿の内容や意図を正確に理解し、聴き手に伝える必要があります。そのため、表現力や読解力が自然と向上します。また、様々な本に触れることで、知識や教養も広がります。

働き方が自由である

オーディオブックナレーターは、自宅で録音することもできます。また、仕事量やスケジュールも自分で調整することができます。そのため、自分のペースで働くことができます。

オーディオブックナレーターになるために必要なスキルと資格

オーディオブックナレーターになるために必要なスキルと資格について、お話します。

声優やナレーターとしての基本的な技術を身につける

まず、声優やナレーターとしての基本的な技術を身につけることが必要です。これには、発声や発音、アクセントやイントネーション、表現力や感情移入などが含まれます。オーディオブックナレーターは、聴き手に物語や登場人物の世界観を伝える役割を担っているので、声だけでなく言葉の使い方や読み方にも気を配る必要があります。

オーディオブックナレーターとしての専門的な知識や技能を習得する

次に、オーディオブックナレーターとしての専門的な知識や技能を習得することが必要です。これには、オーディオブックのジャンルや特徴、原作の理解や分析、台本の読み込みや準備、録音機材の操作や編集などが含まれます。オーディオブックナレーターは、原作の内容や雰囲気を忠実に再現するとともに、聴き手に快適な聴き心地を提供することが求められているので、これらのスキルを身につけることが重要です。

オーディオブックナレーターとしての人間性や姿勢を養う

さらに、オーディオブックナレーターとしての人間性や姿勢を養うことが必要です。これには、読書好きや好奇心旺盛な性格、自己管理や自己研鑽の能力、コミュニケーションや協調性のスキルなどが含まれます。オーディオブックナレーターは、様々な作品やテーマに対して幅広い知識や興味を持ち、常に自分の声や表現を磨き続けることが必要です。また、原作者や出版社、録音スタッフなどと円滑に連携し、信頼関係を築くことも大切です。

以上のように、オーディオブックナレーターになるためには、多くのスキルや資格が必要です。しかし、それらは一朝一夕に身につくものではありません。長期的な目標設定や計画立案、努力や挑戦を続けることが大事です。また、自分の得意分野や個性を見つけて活かすことも重要です。オーディオブックナレーターは、自分の声で聴き手に感動や楽しみを届ける素晴らしい仕事です。ぜひ挑戦してみてください。

オーディオブックナレーターの仕事を探す方法と注意点

オーディオブックナレーターになるには、どのような方法があるのでしょうか?また、注意すべき点はどんなことがあるのでしょうか?

オーディオブックナレーターになる方法

オーディオブックナレーターになる方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • ナレーションスクールや声優養成所などの専門機関に通う
  • オーディションやコンテストに応募する
  • 自分で作品を制作して配信する

ナレーションスクールや声優養成所などの専門機関に通う場合は、プロの指導を受けることができます。声のトレーニングや発声法、読み方や演技法などを学ぶことができます。また、機関によっては、卒業後にオーディオブック制作会社や出版社などとの就職支援や紹介も行ってくれる場合があります。ただし、費用や期間は機関によって異なりますし、必ずしも就職が保証されるわけではありません。

オーディションやコンテストに応募する場合は、自分の実力を試すことができます。オーディオブック制作会社や出版社などが主催するものもありますし、インターネット上で開催されるものもあります。応募する際は、自分の声を録音したデモテープやプロフィールを送付する必要があります。選ばれれば、仕事の依頼や契約が得られる可能性があります。ただし、応募者は多く、競争率は高いです。

自分で作品を制作して配信する場合は、自由に表現することができます。パソコンやスマートフォンなどで録音した音声ファイルを、インターネット上の配信サイトやSNSなどにアップロードすることができます。自分の好きな作品を選んだり、オリジナルの作品を創ったりすることができます。また、リスナーからのフィードバックや評価を得ることもできます。ただし、収入は期待できませんし、著作権や肖像権などの法的な問題に注意する必要があります。

オーディオブックナレーターになるときに注意すべき点

オーディオブックナレーターになる方法はいろいろありますが、注意すべき点もあります。まず、仕事量や収入は安定しないことです。オーディオブック市場はまだ発展途上であり、需要は高まっていますが、供給も増えています。仕事を獲得するためには、常に自分のスキルを磨いたり、宣伝したりする必要があります。また、仕事をする際には、作品の内容や雰囲気に合わせた読み方や声色を変えたり、長時間の録音に耐えたりする必要があります。声帯や喉のケアも欠かせません。

オーディオブックナレーターは、読者に作品を届ける素晴らしい仕事ですが、それだけに責任も重いです。オーディオブックナレーターになりたいと思うなら、自分の声に自信を持ち、作品に対する敬意と愛情を持ち、努力と工夫を惜しまないことが大切です。

オーディオブックナレーターの収入と報酬の仕組み

オーディオブックナレーターの収入と報酬の仕組みは、一般的には以下のようになっています。

  • 報酬は、読み上げる文字数や時間、作品のジャンルや難易度、ナレーターの経験や実績などによって決まります。平均的な報酬は、1文字あたり0.5円から1.5円程度です。1時間あたりの読み上げ文字数は、約6000文字から8000文字とされています。つまり、1時間あたりの報酬は、3000円から12000円程度になります。
  • 収入は、報酬以外にも、作品の販売や配信による印税やロイヤリティが発生する場合があります。印税やロイヤリティは、作品の売上やダウンロード数に応じて支払われます。印税やロイヤリティの割合は、作品や契約によって異なりますが、一般的には5%から10%程度です。
  • オーディオブックナレーターは、フリーランスや個人事業主として活動することが多いです。その場合、収入から経費や税金を差し引く必要があります。経費としては、録音機材やソフトウェア、音声編集や校正などの外注費用、宣伝や広告費用などがあります。税金としては、所得税や住民税、消費税などがあります。

オーディオブックナレーターの収入と報酬の仕組みは、以上のようになっています。オーディオブックナレーターとして成功するためには、高い読み上げ技術や表現力だけでなく、作品選びや契約交渉、自己管理やマーケティングなどのビジネススキルも必要です。

オーディオブックナレーターの副業としての魅力と可能性

オーディオブックナレーターは、声優や俳優などの芸能関係者だけでなく、一般の人でも副業として行うことができます。では、オーディオブックナレーターの副業としての魅力と可能性は何でしょうか?

オーディオブックナレーターの副業としての魅力

まず、オーディオブックナレーターの副業としての魅力は、自分の好きな本やジャンルに関わることができることです。本を読むことが好きな人にとっては、本の内容を深く理解し、自分の声で表現することは楽しくやりがいのあることです。また、自分が読んだ本が多くの人に聞かれることで、自分の感想や解釈を伝えることができます。さらに、本を読むことで自分の知識や語彙力も向上します。

オーディオブックナレーターの副業としての可能性

次に、オーディオブックナレーターの副業としての可能性は、自分のスキルや経験に応じて収入を得ることができることです。オーディオブックナレーターは、一般的には録音時間や本のページ数に応じて報酬が決まります。しかし、自分の声や表現力に自信があれば、自分で価格を設定したり、交渉したりすることもできます。また、自分で録音機材や編集ソフトを用意すれば、自宅で録音することも可能です。これにより、自分の都合に合わせて仕事をすることができます。

オーディオブックナレーターの副業は、本好きな人にとっては夢のような仕事です。しかし、それだけではなく、自分の声や表現力を活かして収入を得ることもできます。もし興味があれば、まずは自分が読みたい本やジャンルを探してみましょう。そして、自分の声を録音して聞いてみましょう。あなたもオーディオブックナレーターの副業に挑戦してみませんか?

オーディオブックナレーターになるには声に自信をつけよう

ライバルに差をつけるためにボイストレーニングがおススメ

オーディオブックナレーターは、声優や俳優などの芸能関係者だけでなく、一般の人でも副業として行うことができます。近年audibleなどのオーディオブックのサービスが増えてきて、副業としての可能性もあるため、興味がある人もいるでしょう。オーディオブックナレーターとして仕事を受注し活躍するには、他のライバルに打ち勝っていかなければなりません。そのためにおススメするのが、ボイストレーニングです。

ボイストレーニングは、声を出す際に関わる筋肉や器官を鍛えることで、声の質や量を向上させるためのトレーニングです。具体的には、呼吸法や発声法、発音法、発声筋のストレッチなどがあります。ボイストレーニングの目的と効果は人によって異なりますが、発声に関する効果を得ることができ、声に自信が持てるようになるでしょう。

【関連記事】一般人のボイトレにおすすめの動画教材|ボイストレーニングガイドライン動画講習をご紹介

【関連記事】歌や声に自信を持ちたい|独学ボイストレーニングの効果的なやり方

ボイストレーニングをすることで、以下のような効果が期待できます。

  • 発音やイントネーションを正しくマスターし、話す内容を明確に伝えられる
  • 声量や抑揚を調整し、話す場面や相手に合わせた効果的な話し方ができる
  • 声帯や喉頭の負担を減らし、声の疲れやかすれを防げる
  • 声に自信を持ち、話すことに楽しみや喜びを感じられる

ボイストレーニングは、プロの声優や歌手だけでなく、一般の人にも有益です。オーディオブックナレーターだけでなく、ビジネスシーンやプレゼンテーション、面接や交渉、日常会話や恋愛など、さまざまな場面で自分の声を活かせます。ボイストレーニングは難しいものではありません。少しずつ続けることで、自分の声に変化が現れます。ぜひ、ボイストレーニングに挑戦してみてください。

ボイストレーニングの基本的な方法とコツ

ボイストレーニングの基本的な方法とコツについて、以下のようなポイントをお伝えします。

声帯を温める

歌う前には必ず声帯を温めることが大切です。声帯は筋肉の一種であり、冷えていると柔軟性が低下し、声の出し方に影響します。声帯を温める方法としては、軽く咳をしたり、ハミングをしたり、発声練習をしたりすることが効果的です。

姿勢を正す

歌うときの姿勢は、背筋を伸ばし、肩をリラックスさせ、首を真っ直ぐに保つことが基本です。姿勢が悪いと、呼吸や発声に支障が出ます。姿勢を正すためには、壁に背中や頭をつけて立つ練習や、床に寝て腹筋を鍛える練習などが有効です。

呼吸法を身につける

歌うときの呼吸法は、腹式呼吸と呼ばれるもので、お腹から息を吸って吐く方法です。腹式呼吸は、肺の容量を最大限に活用し、息の長さや力強さをコントロールすることができます。腹式呼吸を身につけるためには、お腹に手を当てて呼吸する練習や、ストローで水を飲む練習などが有効です。

発声法をマスターする

歌うときの発声法は、口や喉の形や動きによって音色や音程が変わります。発声法をマスターするためには、母音や子音の発音の仕方や、高音や低音の出し方などを意識することが必要です。発声法をマスターするためには、鏡で自分の口や喉の動きを見ながら歌う練習や、録音して自分の声を聞く練習などが有効です。

以上がボイストレーニングの基本的な方法とコツです。これらのポイントを意識して練習することで、歌唱力や表現力が向上するでしょう。ボイストレーニングは楽しく行うことも重要です。自分の好きな曲やジャンルで歌ってみたり、友人や家族と一緒に歌ってみたりしてください。ボイストレーニングは自分の声を知ることから始まります。自分の声に自信を持ってください。

おすすめのボイトレ動画教材

ボイトレを始めたいと思っても、どこで習えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習です。この動画講習は、ボイストレーニングを習いたい、学ばれている方に向けた動画教材です。動画教材なので、どこでもできますし、自分のペースで学べます。この記事では、この動画講習の内容とメリット、受講方法と費用、受けた人の感想と成果について紹介します。

日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

日本ボイストレーナー連盟は、ボイストレーナーの育成や認定を行う団体です。この団体が作成したボイストレーニングガイドラインは、ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめたものです。このガイドラインを元にした動画講習が、ボイストレーニングガイドライン動画講習です。

この動画講習は、20レッスンで構成されています。トータル時間は約5時間程度で、以下のような内容が含まれています。

  • 声の仕組みや発声法
  • 声帯や喉頭筋のトレーニング
  • 呼吸法や発声法
  • 音程や音色のコントロール
  • 発音や滑舌の改善
  • 歌唱法や表現力の向上

これらの内容は、初心者から上級者まで幅広く役立つものです。また、動画では実際にボイストレーナーが実演や解説を行っています。そのため、視覚的にも聴覚的にも理解しやすくなっています。

動画講習の内容とメリット

この動画講習を受けることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 声に関する正しい知識や技術を身につけることができる
  • 自分の声を客観的に分析し、改善点を見つけることができる
  • 声を使う場面で自信や安心感を持つことができる
  • 声のトラブルや疲れを防ぐことができる
  • 声の可能性や魅力を引き出すことができる

また、動画講習の特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • 動画なので、いつでもどこでも視聴できる
  • 自分のペースで学習できる
  • 繰り返し見ることで定着させることができる

動画講習の受講方法と費用

この動画講習を受けるには、以下の手順を踏みます。

  1. 日本ボイストレーナー連盟の公式サイトにアクセス
  2. トップページから「ボイストレーニングガイドライン動画講習」のバナーをクリック
  3. 受講申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
  4. 受講料を指定の口座に振り込みます
  5. 振り込み確認後、動画視聴用のURLとパスワードがメールで送られてきます
  6. メールに記載されたURLにアクセスし、パスワードを入力します
  7. 動画を視聴します

この動画講習の受講料は、税込みで39,800円となっています。

動画視聴レッスンなので、場所を選ばず空き時間で気軽に視聴できるので、1年間スクールに通うことを考えると、安くて手軽!という考え方もできると思います。

 

オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説まとめ

最後に、記事のポイントをまとめます。

  • オーディオブックナレーターとは、本や雑誌などの文章を声に出して読み上げる人のこと
  • オーディオブックナレーターになるには、声優やナレーターの経験は必要ないが、声のトレーニングや発声法、読み方などの基礎知識と技術が必要
  • オーディオブックナレーターになるための方法は、オーディオブック制作会社やナレーター養成スクールに問い合わせる、オーディションに応募する、自主制作するなどがある
  • オーディオブックナレーターになるための資格は特にないが、声優やナレーターの資格や経験があれば有利
  • オーディオブックナレーターになるためのスキルは、声の表現力や読解力、聞き手の感情に寄り添う力などがある
  • オーディオブックナレーターになるための準備は、自分の声を録音して聞き直す、本や雑誌などを声に出して読む、オーディオブックを聞いて参考にするなどがある
  • オーディオブックナレーターの仕事内容は、原稿の確認や読み込み、録音や編集、納品などがある
  • オーディオブックナレーターの仕事のメリットは、自分の好きな本やジャンルを読める、自分の声で人々に感動や楽しみを届けられる、自分のペースで仕事ができるなどがある
  • オーディオブックナレーターの仕事のデメリットは、声のトラブルや疲労に注意しなければならない、収入が安定しない、競争が激しいなどがある
  • オーディオブックナレーターの仕事の報酬は、制作会社や作品によって異なるが、一般的には録音時間や文字数に応じて決まる
  • オーディオブックナレーターの仕事の将来性は、オーディオブックの市場が拡大しているため、需要が高まると予想される
  • オーディオブックナレーターになるには、自分の声に自信を持ち、継続的に学びや練習を重ねることが大切である

【関連記事】ボイトレを続けるのが厳しいと悩む人のために、自宅でできる方法をご紹介