サックスとサクソフォンの違いを徹底解説!原理やなぜ木管楽器と呼ばれるのかについて

アフィリエイト広告を利用しています

サクソフォンとサックスの違いについて疑問を持つ方は少なくありません。この記事では、サクソフォンとサックスの違いを明らかにしながら、その発音原理や、木管楽器としての分類の根拠に焦点を当てて解説します。

  • 「サクソフォン」と「サックス」は同じ楽器。
  • クラシックでは「サクソフォン」、ジャズでは「サックス」
  • サックスが木管楽器に分類される理由
  • 楽器の演奏原理や音色に影響を与えるリードの役割

サクソフォンとサックスの違いは?

サクソフォンとサックス、この二つの言葉を聞いたとき、多くの方が違うものを指していると考えるかもしれません。しかし、これらは実際には同一の楽器を指しており、異なる名称で呼ばれる背景には深い歴史があります。サクソフォンは、1840年代にベルギーの楽器製作者アドルフ・サックスによって発明されました。この楽器が発明された当初は、軍楽隊での使用を意図しており、その強力な音量と表現力の幅広さからすぐにオーケストラやジャズ音楽でも重宝されるようになりました。一方、「サックス」という言葉は、サクソフォンの愛称として用いられることが多く、特にジャズ界ではこの短縮形が頻繁に使われます。このように、サクソフォンとサックスの違いはなく、正式名称とそれを指す一般的な略称の違いに過ぎないことがわかります。

サクソフォンとサックスの違い:基本を知ろう

サクソフォンとサックスは実際には同じ楽器です。しかし、この楽器に対する呼称の違いは、使用される文脈や音楽ジャンル、さらには地域によって異なる場合があります。たとえば、クラシック音楽の世界では「サクソフォン」という用語が正式に使われることが多いですが、ジャズやポピュラー音楽の分野では「サックス」と短縮して呼ばれることが一般的です。この呼び名の違いは、楽器の使われ方や音楽のスタイルに影響を受けることがありますが、その構造や演奏方法に違いがあるわけではありません。

正式名称と略称の由来

サクソフォンの名称は、その発明者であるアドルフ・サックスの名前に由来しています。サックスは、音楽の世界に革新をもたらす多くの楽器を発明しましたが、その中でもサクソフォンは最も成功した楽器の一つと言えるでしょう。一方で、サックスという略称は、特に英語圏での発音の便宜や、ジャズ音楽などの特定の音楽ジャンルにおける親しみやすさから生まれたものです。この略称は、サクソフォンを手軽に呼びやすくするために自然発生的に使われるようになったと考えられています。

構造と機能:サックスの魅力

サクソフォンの構造は、その音色の多様性と表現力の幅広さを生み出す上で重要な役割を果たしています。金属製の体に複数の音孔を持ち、それらを指で開閉することで音高を変えます。また、リードと呼ばれる薄い木片を振動させることによって音を出す仕組みは、サクソフォン独特の温かみのある音色を生み出します。この楽器の構造は、奏者が幅広い音楽的表現を行うことを可能にし、ジャズからクラシックまで、多岐にわたるジャンルで活躍する土台を提供しています。

種類とその特徴

サクソフォンには、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンなど、複数の種類が存在します。これらの種類は、サイズと音域の違いによって区別され、それぞれ異なる音色と役割を持っています。例えば、ソプラノサックスは明るく透明感のある音色が特徴で、ソロ演奏やメロディーラインの演奏に適しています。一方、バリトンサックスは深く豊かな低音を持ち、バンドやオーケストラの中でリズムセクションを支える役割を担うことが多いです。このように、サクソフォンの種類によって、演奏される音楽の質感や雰囲気を大きく変えることができます。

サックスが木管楽器である理由

サックスが、その外見とは異なり木管楽器に分類される理由は、その音を出す原理にあります。サックスは金属製ですが、音を出す原理が、リード(葦製の薄片)の振動によるものであるからです。この発音方法は、フルートやクラリネットなど他の木管楽器と共通しています。金属製であるにもかかわらず木管楽器に分類されるのは、楽器の材質よりも発音原理に基づいて分類されるためです。つまり、サックスの音色や演奏法が木管楽器の特徴を持っているため、この楽器は木管楽器と見なされているのです。

なぜ木管楽器:材質ではなく原理

サックスが木管楽器として分類される主な理由は、その音を出す原理にあります。具体的には、サックスの音はリードの振動によって生み出されます。このリードという薄い木片が空気の流れを受けて振動し、その振動が楽器内の空気柱を動かして音が生まれます。これは、クラリネットやオーボエなど他の木管楽器の発音原理と同様です。金管楽器の場合、音は演奏者の唇の振動によって発生します。このような違いから、サックスは外観が金属であっても木管楽器に分類されるのです。

サックスの音が出る仕組み

サックスの音が出る仕組みは、リードとマウスピース、そして楽器本体の構造によって成り立っています。奏者がマウスピースに息を吹き込むと、リードが振動し、その振動がサックス内の空気を動かして音が発生します。このとき、奏者が指でキー(穴)を開閉することによって、楽器内の空気柱の長さが変わり、さまざまな高さの音を出すことができます。この複雑な構造と機能の相互作用が、サックス特有の豊かな音色と表現の幅を生み出しています。

リードの役割と選び方

サックスを演奏する上で非常に重要なのが、リードの選択です。リードの硬さ、材質、形状は、音色や演奏のしやすさに大きな影響を与えます。一般的に、リードは硬さによってランク付けされており、初心者は柔らかいリードから始めることが推奨されます。柔らかいリードは音が出しやすく、演奏を学び始める際に理想的です。経験を積むにつれて、自分の好みの音色や演奏スタイルに合わせて、より硬いリードや異なる材質のリードを試してみることが重要です。リード選びにおいては、複数の種類を試し、自分のサックスに最も適したものを見つけることが、演奏技術の向上につながります。また、リードの保管とメンテナンスにも注意が必要で、適切なケアをすることでリードの寿命を延ばし、常に最高の状態で演奏できるようにしましょう。

初心者にとってのサックスの魅力

サックスは、音が出しやすく、幅広い音楽ジャンルで活躍できる楽器として、初心者にとっても大きな魅力を持っています。比較的短期間で基本的な吹き方をマスターでき、早い段階から楽曲の演奏を楽しむことが可能です。また、サックスの持つ豊かな表現力は、奏者に無限の可能性を提供し、自己表現の手段としても非常に魅力的です。ただし、サックス演奏には正しい姿勢や呼吸法が重要であり、基礎からしっかりと学ぶことが上達の鍵となります。多くの音楽学校やプライベートレッスンでは、初心者向けにサックスの基本から応用まで、丁寧に指導しており、これを機にサックス演奏を始めてみるのも良いでしょう。

 

サックスとサクソフォンの違いを徹底解説!原理やなぜ木管楽器と呼ばれるのかについてまとめ

ポイントをまとめます。

  • サックスとサクソフォンは実際には同じ楽器
  • サックスとサクソフォンの違いを知ることで、楽器の魅力を深く理解できる
  • サックスは外見が金属製であるが、音の出し方が木管楽器の分類基準である
  • 音はリードの振動によって生み出されるため、サックスは木管楽器に分類される
  • リードとは葦製の薄片で、サックスの音色に大きな影響を与える
  • サックスの演奏では、マウスピースに息を吹き込むことでリードを振動させる
  • 楽器内の空気柱の長さを変えることで、異なる音高を出すことが可能
  • リードの硬さや材質は演奏のしやすさや音色に影響し、選択が重要
  • 初心者は柔らかいリードから始めることが推奨される
  • サックスは音が出しやすく、初心者でも早期に演奏を楽しめる
  • 正しい姿勢や呼吸法を学ぶことがサックス演奏の上達につながる
  • サックス演奏は自己表現の手段として豊かな表現力を持つ

サックスは、その独特の音色と演奏法によって、世界中の音楽ファンから愛され続けています。サクソフォンとサックスの違いを理解し、その魅力を深く知ることで、この楽器の演奏をより豊かに楽しむことができるでしょう。無論、サックス演奏は練習と経験が必要ですが、その過程で得られる喜びと成長は計り知れないものがあります。サックスの世界への一歩を踏み出し、自分だけの音楽旅行を始めてみませんか?

【関連記事】
【サックスまとめ記事】サックスに興味がある方へ:初心者の心得から社会的影響までの総合案内

サックスを始める前に知っておきたい!向いてる人と向き・不向きの見極め方

始める前に知っておきたい!サックスの種類とその難易度、ジャンルによる違い全部

サックスが吹奏楽で輝く魅力:モテる理由とかっこいい女性奏者たち

サックスを吹く夢、40歳、50歳からでも叶う!初心者向けスタートアップガイド