一般人のボイトレにおすすめの動画教材|ボイストレーニングガイドライン動画講習をご紹介

アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。この記事では、プロ向けではなく、一般人のボイトレにおすすめの動画教材をご紹介します。ボイトレとは、声のトレーニングのことで、声の品質や表現力を高める効果があります。しかし、ボイトレを始めたいと思っても、どこで習えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?そこでおすすめしたいのが、日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習です。この動画講習は、ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめた20レッスン(全編約5時間)の動画です。動画なので、いつでもどこでも視聴できますし、自分のペースで学習できます。この記事では、この動画講習の内容とメリット、受講方法と費用、受けた人の感想と成果について紹介します。ボイトレに興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

  • ボイトレとは:声のトレーニングのことで、声の品質や表現力を高める効果がある
  • ボイトレのメリット:自分の声に自信が持てるようになり、コミュニケーションや歌唱などが上達する
  • ボイトレの方法:自分の声を録音して聴く、発声や呼吸法を練習する、歌や朗読などで表現する
  • ボイトレ 一般人におすすめの動画教材:日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

一般人におすすめのボイトレ動画教材とは?

声は人間の個性や印象を大きく左右するものです。声が良ければ、自信や魅力が増しますし、コミュニケーションもスムーズになります。逆に、声が悪ければ、自己評価が低くなったり、人と話すのが苦手になったりすることもあります。声は生まれつきのものではなく、トレーニングで改善できるものです。しかし、ボイトレを始めたいと思っても、どこで習えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習です。この動画講習は、ボイストレーニングを習いたい、学ばれている方に向けた動画教材です。動画教材なので、どこでもできますし、自分のペースで学べます。この記事では、この動画講習の内容とメリット、受講方法と費用、受けた人の感想と成果について紹介します。

日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

日本ボイストレーナー連盟は、ボイストレーナーの育成や認定を行う団体です。この団体が作成したボイストレーニングガイドラインは、ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめたものです。このガイドラインを元にした動画講習が、ボイストレーニングガイドライン動画講習です。

この動画講習は、20レッスンで構成されています。トータル時間は約5時間程度で、以下のような内容が含まれています。

  • 声の仕組みや発声法
  • 声帯や喉頭筋のトレーニング
  • 呼吸法や発声法
  • 音程や音色のコントロール
  • 発音や滑舌の改善
  • 歌唱法や表現力の向上

これらの内容は、初心者から上級者まで幅広く役立つものです。また、動画では実際にボイストレーナーが実演や解説を行っています。そのため、視覚的にも聴覚的にも理解しやすくなっています。

動画講習の内容とメリット

この動画講習を受けることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 声に関する正しい知識や技術を身につけることができる
  • 自分の声を客観的に分析し、改善点を見つけることができる
  • 声を使う場面で自信や安心感を持つことができる
  • 声のトラブルや疲れを防ぐことができる
  • 声の可能性や魅力を引き出すことができる

また、動画講習の特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • 動画なので、いつでもどこでも視聴できる
  • 自分のペースで学習できる
  • 繰り返し見ることで定着させることができる

動画講習の受講方法と費用

この動画講習を受けるには、以下の手順を踏みます。

  1. 日本ボイストレーナー連盟の公式サイトにアクセス
  2. トップページから「ボイストレーニングガイドライン動画講習」のバナーをクリック
  3. 受講申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
  4. 受講料を指定の口座に振り込みます
  5. 振り込み確認後、動画視聴用のURLとパスワードがメールで送られてきます
  6. メールに記載されたURLにアクセスし、パスワードを入力します
  7. 動画を視聴します

この動画講習の受講料は、税込みで39,800円となっています。

動画視聴レッスンなので、場所を選ばず空き時間で気軽に視聴できるので、1年間スクールに通うことを考えると、安くて手軽!という考え方もできると思います。

 

一般人がボイトレを行う上で知っておくべきこと

声のトレーニングはどのようなことに注意すべきなのでしょうか?声は自分の表現やコミュニケーションのツールです。声を良くすることは、自分を良くすることにもつながります。しかし、声を良くするためには、正しい方法や知識が必要です。間違った方法や知識でボイトレを行うと、声に悪影響を及ぼすこともあります。この記事では、ボイトレ 一般人が知っておくべきことについて紹介します。

ボイトレの相場と選び方

ボイトレを始めるにあたって、まず気になるのが費用です。ボイトレの相場は、どこで習うかやどんな内容かによって大きく異なります。一般的には、以下のような価格帯になります。

  • 個人レッスン:1回30分で3,000円~10,000円(税込)
  • グループレッスン:1回60分で1,000円~3,000円(税込)
  • オンラインレッスン:1回30分で2,000円~5,000円(税込)
  • 動画教材:20レッスン分の動画で39,800円(税込)

これらの費用はあくまで目安です。実際には、講師の経験や実績、レッスンの内容や頻度、教材の質や量などによって変わります。また、安いからといって良いとは限りませんし、高いからといって悪いとは限りません。大切なのは、自分の目的や予算に合ったボイトレを選ぶことです。

ボイトレを選ぶ際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 講師の資格や実績を確認すること
  • レッスンのカリキュラムや教材を確認すること
  • レッスンの効果や成果を確認すること
  • レッスンの雰囲気や評判を確認すること
  • 無料体験やお試しコースがあれば利用すること

ボイトレの効果とメカニズム

ボイトレを行うことで得られる効果は、声だけでなく心や身体にも及びます。具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • 声が高くなる
  • 声が太くなる
  • 声が柔らかくなる
  • 声が安定する
  • 声が響く
  • 声が伸びる
  • 声が出しやすくなる
  • 声がかすれにくくなる
  • 声が疲れにくくなる
  • 音程が正確になる
  • 音色が豊かになる
  • 発音が明瞭になる
  • 滑舌が良くなる
  • 歌唱力が向上する
  • 表現力が向上する
  • 自信がつく
  • 魅力が増す
  • コミュニケーションがスムーズになる
  • ストレスが減る
  • 呼吸が深くなる
  • 姿勢が良くなる
  • 血行が良くなる
  • 免疫力が高まる

これらの効果は、ボイトレによって声に関わる筋肉や器官を鍛えることで得られます。声に関わる筋肉や器官とは、以下のようなものです。

  • 声帯:声の源となる部分で、空気の流れによって振動して音を発します
  • 喉頭筋:声帯の張りや長さを調節して、音程や音色をコントロールします
  • 口腔:口の中の空間で、音の響きや発音を変えます
  • 舌:口腔の中で動いて、発音や滑舌をコントロールします
  • 唇:口の外側で動いて、発音や滑舌をコントロールします
  • 鼻腔:鼻の中の空間で、音の響きや発音を変えます
  • 軟口蓋:口腔と鼻腔をつなぐ部分で、上下に動いて、鼻声や鼻づまりをコントロールします
  • 咽頭:喉の奥の空間で、音の響きや発音を変えます
  • 胸郭:胸の骨格で、呼吸に必要な空気を貯めたり出したりします
  • 横隔膜:胸郭と腹部を仕切る筋肉で、呼吸に必要な空気を吸ったり吐いたりします
  • 腹筋:腹部の筋肉で、呼吸に必要な空気を吐いたり押し出したりします

これらの筋肉や器官は、ボイトレによって柔軟性や強度が向上し、協調性や反応性も高まります。その結果、声が良くなるだけでなく、心や身体も健康になります。

 

ボイトレによる声の変化と注意点

ボイトレを行うことで、声は様々な変化をします。声の変化は、個人差やトレーニングの方法や頻度によって異なりますが、一般的には以下のような変化が見られます。

  • 声が高くなる:声帯の張りや長さが調節できるようになり、高い音域が出しやすくなります
  • 声が太くなる:声帯の厚みや強さが増し、低い音域が出しやすくなります
  • 声が柔らかくなる:喉頭筋や口腔の緊張がほぐれ、声のかたさや固さが減ります
  • 声が安定する:呼吸法や発声法が正しくなり、声のブレや揺れが減ります
  • 声が響く:口腔や鼻腔の空間が広がり、声の共鳴が増します
  • 声が伸びる:胸郭や横隔膜の動きが良くなり、息の長さや力が増します

これらの変化は、声に良い影響を与えるものです。しかし、ボイトレによる声の変化には、注意点もあります。注意点は以下の通りです。

  • 声の変化には時間がかかります。即効性を期待せず、継続的にトレーニングすることが大切です。
  • 声の変化には個人差があります。他人と比べず、自分の声に合ったトレーニングをすることが大切です。
  • 声の変化には限界があります。無理なトレーニングは避け、自分の声に合わせた目標を設定することが大切です。
  • 声の変化には反動があります。トレーニング後は十分に休息をとり、声をケアすることが大切です。

ボイトレのやり方と練習方法

ボイトレを行うためには、正しいやり方と練習方法を知ることが必要です。正しいやり方と練習方法とは、以下のようなものです。

  • 姿勢を正す:背筋を伸ばし、肩を下げ、首をまっすぐにします。姿勢が正しくないと、呼吸や発声に支障が出ます。
  • 深呼吸をする:鼻からゆっくりと空気を吸い込み、お腹からゆっくりと空気を吐き出します。深呼吸は、リラックス効果や発声効果があります。
  • ストレッチをする:首や肩、背中、腕などの関節や筋肉をほぐします。ストレッチは、血行促進効果や柔軟性向上効果があります。
  • ウォーミングアップをする:唇や舌などの発音器官を動かしたり、発声法や音程などの基本的なトレーニングを行います。ウォーミングアップは、発声準備効果や音声機能向上効果があります。
  • トレーニングをする:自分の目的やレベルに合わせて、声帯や喉頭筋などの発声器官や、呼吸法や発声法などの発声技術を鍛えます。トレーニングは、声質改善効果や歌唱力向上効果があります。
  • クーリングダウンをする:喉に水分を補給したり、マッサージをしたり、静かに休んだりします。クーリングダウンは、回復効果や予防効果があります。

これらのやり方と練習方法は、ボイトレの基本です。ボイトレを行う際には、必ずこれらのステップを踏むようにしましょう。

ボイトレの趣味と楽しみ方

ボイストレーニングは趣味としても楽しめるものです。声のトレーニングは、自分の声を知ることや変えることができるだけでなく、自分の表現やコミュニケーションを豊かにすることもできます。ボイトレを趣味として楽しむためには、以下のようなことがおすすめです。

  • 好きな曲やジャンルを歌う:自分の好きな曲やジャンルを歌うことで、モチベーションや楽しさが増します。また、自分の声に合った曲やジャンルを見つけることもできます。
  • カラオケやコンテストに参加する:カラオケやコンテストに参加することで、自分の声を人に聴かせる機会や評価する機会が増えます。また、他人の声を聴くことで、刺激や学びも得られます。
  • ボイトレ仲間を作る:ボイトレ仲間を作ることで、情報交換や相談や励ましをすることができます。また、一緒にトレーニングや歌唱を楽しむこともできます。

これらのことは、ボイトレを趣味として楽しむための例です。ボイトレは自分だけでなく、人と一緒に楽しむこともできるものです。ボイトレを趣味として楽しむことで、声だけでなく人生も豊かになります。

ボイトレの上達のコツと早い人の特徴

ボイストレーニングは行っていくにつれて、上達してきます。声が上達することで、自分の声に満足したり、人から褒められたりすることができます。しかし、ボイトレは簡単なものではありません。上達するためには、努力や工夫が必要です。ボイトレの上達のコツと早い人の特徴は以下の通りです。

  • 継続する:ボイトレは一朝一夕には成果が出ないものです。継続的にトレーニングすることで、少しずつでも成長できます。
  • 目標を設定する:ボイトレには目的や目標が必要です。自分がどんな声になりたいか、どんなことができるようになりたいかを明確にします。目標は、具体的で達成可能で測定可能で期限付きで現実的なものにします。
  • フィードバックを得る:ボイトレには客観的な評価が必要です。自分の声を録音したり、人に聴いてもらったり、講師にアドバイスをもらったりします。フィードバックは、自分の声の状態や改善点を知ることができます。
  • 工夫する:ボイトレには工夫が必要です。自分の声に合ったトレーニングや教材を選んだり、自分のペースやスタイルで学んだり、楽しみながら続けたりします。工夫は、ボイトレの効果や楽しさを高めることができます。

これらのコツは、ボイトレの上達に役立つものです。しかし、コツだけでは上達はしません。上達するためには、実践することが大切です。実践することで、コツを身につけることができます。

ボイトレの上達の早い人の特徴は以下の通りです。

  • 継続性がある:ボイトレを毎日欠かさず行うことで、声に関わる筋肉や器官を鍛えることができます。
  • 挑戦性がある:ボイトレを単調なものではなく、新しいことに挑戦するものと捉えることで、声に関わる能力や技術を伸ばすことができます。
  • 楽観性がある:ボイトレを苦痛なものではなく、楽しいものと捉えることで、モチベーションや自信を保つことができます。

これらの特徴は、ボイトレの上達に必要なものです。しかし、特徴だけでは上達はしません。上達するためには、努力することが大切です。努力することで、特徴を身につけることができます。

一般人のボイトレにおすすめの動画教材|ボイストレーニングガイドライン動画講習をご紹介まとめ

最後に、記事のポイントをまとめます。

  • ボイトレとは:声のトレーニングのことで、声の品質や表現力を高める効果がある
  • ボイトレのメリット:自分の声に自信が持てるようになり、コミュニケーションや歌唱などが上達する
  • ボイトレの方法:自分の声を録音して聴く、発声や呼吸法を練習する、歌や朗読などで表現する
  • ボイトレの注意点:無理な発声や過度なトレーニングは避ける、声帯や喉頭筋のケアをする、正しい知識や技術を身につける
  • ボイトレの目標設定:自分がどんな声になりたいか、どんなことができるようになりたいかを明確にする
  • ボイトレのフィードバック:自分の声の状態や改善点を客観的に知るために、人に聴いてもらったり、講師にアドバイスをもらったりする
  • ボイトレの工夫:自分の声に合ったトレーニングや教材を選んだり、自分のペースやスタイルで学んだり、楽しみながら続けたりする
  • ボイトレの上達のコツ:毎日欠かさず継続する、新しいことに挑戦する、楽観的に捉える
  • ボイトレ 一般人におすすめの動画教材:日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習
  • 動画教材の内容:ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめた全20レッスン分の動画
  • 動画教材のメリット:動画なのでいつでもどこでも視聴できる、自分のペースで学習できる
  • 動画教材の受講方法と費用:公式サイトから申し込みフォームに必要事項を入力し、受講料を振り込むと動画視聴用のURLとパスワードが送られてくる。受講料は39,800円(税込)

【関連記事】
ボイトレを続けるのが厳しいと悩む人のために、自宅でできる方法をご紹介

歌や声に自信を持ちたい|独学ボイストレーニングの効果的なやり方

オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説