歌や声に自信を持ちたい|独学ボイストレーニングの効果的なやり方

アフィリエイト広告を利用しています

あなたはボイストレーニングに興味がありますか?ボイストレーニングとは、声の質や量を向上させるためのトレーニングです。歌手や声優、ナレーターなど、声を仕事にする人だけでなく、一般の人にも役立つスキルです。しかし、ボイストレーニングは独学でできるのでしょうか?この記事では、ボイストレーニングを独学で行うメリットとデメリット、やり方と練習メニュー、注意点とコツなどを紹介します。また、ボイストレーニングを独学で行うよりおすすめな方法として、自宅で自分のペースでボイストレーニングができる「ボイストレーニングガイドライン動画講習」についても詳しく説明しています。参考になれば、幸いです。

この記事を読むと、以下について知ることができます。

  • ボイストレーニングは独学でできるが、メリットとデメリットがある
  • 独学ボイストレーニングのやり方と注意点
  • 独学ボイストレーニングをより効率的に効果を出す方法
  • 独学ボイストレーニングにおすすめの教材:日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

 

ボイストレーニングは独学でできるのか?

ボイストレーニングとは

ボイストレーニングとは、声を出す際に関わる筋肉や器官を鍛えることで、声の質や量を向上させるためのトレーニングです。具体的には、呼吸法や発声法、発音法、発声筋のストレッチなどがあります。ボイストレーニングの目的と効果は人によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 声が通りやすくなる
  • 声が安定する
  • 声が柔らかくなる
  • 声が豊かになる
  • 声が高くなる
  • 声が低くなる
  • 声がいつも変わらない
  • 声が出しやすくなる
  • 声が出し続けられる
  • 声が疲れにくくなる
  • 声が傷まない

これらの効果は、歌うことだけでなく、話すことにも役立ちます。例えば、プレゼンテーションや交渉、面接やデートなど、声を使うシーンは多岐にわたります。声は人間関係やコミュニケーションに大きな影響を与えます。声に自信があれば、自分の意見や感情を伝えやすくなりますし、相手にも好印象を与えやすくなります。逆に、声に自信がなければ、自分の意見や感情を伝えにくくなりますし、相手にも悪印象を与えやすくなります。ボイストレーニングは、自分の声をコントロールする能力を高めることで、自分の人生を豊かにすることができるのです。

ボイストレーニングを独学で行うメリットとデメリット

ボイストレーニングは独学でできるのでしょうか?答えは、できるともできないとも言えます。ボイストレーニングを独学で行う場合、メリットとデメリットがそれぞれあります。まず、メリットについて見てみましょう。

メリット

  • 費用がかからない
  • 自分の都合に合わせてできる
  • 自分のペースでできる
  • 自分の目標に合わせてできる
  • 自分の好きな方法でできる

これらのメリットは、ボイストレーニングを独学で行うことの魅力です。費用や時間、内容などを自分で決められるのは、とても便利です。

デメリット

  • 正しい方法がわからない
  • 効果がわからない
  • 悪い癖がつく可能性がある
  • 声を傷める可能性がある
  • モチベーションが続かない可能性がある

これらのデメリットは、ボイストレーニングを独学で行うことの危険性です。正しい方法や効果を確認できないと、自分の声に合ったトレーニングを選べません。また、悪い癖や声の傷みは、声の質や量を低下させるだけでなく、健康にも影響を与えます。さらに、モチベーションが続かなければ、トレーニングを継続できません。ボイストレーニングを独学で行うということは、自分で責任を持って行う必要があります。

独学ボイストレーニングで注意すべきこと

ボイストレーニングを独学で行う場合は、以下のことに注意してください。

  • 正しい情報を入手すること:基本
    ⇒インターネットや書籍などで、信頼できる情報源を探してください。
  • 自分の声を録音して聞くこと:効果測定
    ⇒自分の声は自分では聞こえにくいものです。録音して客観的に聞くことで、改善点や進歩点を見つけられます。
  • 声の状態や感覚に気を付けること:安全確保
    ⇒声がかすれたり、痛みを感じたりしたら、すぐにトレーニングを中止してください。
  • 過度なトレーニングを避けること:健康管理
    ⇒声は筋肉や器官で作られるものです。無理や無茶をすると、傷めたり壊したりする可能性があります。
  • 休息や水分補給をすること:パフォーマンス向上
    ⇒声は水分で潤わされています。乾燥や脱水は声の敵です。十分な休息と水分補給をすることで、声の回復と保護をしましょう。

独学ボイストレーニングのやり方と練習メニュー

独学ボイストレーニングのやり方と練習メニューは、自分の目標やレベルに合わせて選ぶことが大切です。一般的には、以下のような順番でトレーニングを行います。

  • 声のウォーミングアップ
  • 呼吸法のトレーニング
  • 発声法のトレーニング
  • 発音法のトレーニング
  • 声のクーリングダウン

声のウォーミングアップ

声のウォーミングアップは、声を出す前に行う準備運動です。声帯や喉頭、口腔などの発声筋をほぐして、声の出しやすさと柔軟性を高めます。具体的には、首や肩、顔などのストレッチやマッサージ、唇や舌などの動かし方、発声筋のリラックス法などがあります。声のウォーミングアップは、5分から10分程度で行いましょう。

呼吸法のトレーニング

呼吸法のトレーニングは、声を出す際に必要な空気の流れをコントロールする方法を学びます。呼吸法には、胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、ボイス トレーニングでは腹式呼吸が推奨されます。腹式呼吸とは、お腹を使って深く息を吸うことです。お腹をへこませて息を吐き、お腹をふくらませて息を吸うことで、肺にたくさんの空気を入れることができます。呼吸法のトレーニングでは、腹式呼吸の感覚を覚えたり、息を長く吐いたり、息を止めたりする練習をします。呼吸法のトレーニングは、10分から15分程度で行いましょう。

発声法のトレーニング

発声法のトレーニングは、声帯や喉頭などの発声器官を使って声を出す方法を学びます。発声法には、胸声と頭声がありますが、ボイス トレーニングでは両方とも使えるようになることが目標です。胸声とは、胸から響くような低い声です。頭声とは、頭から響くような高い声です。胸声と頭声は、それぞれ異なる音域や音色を持ちますが、ミックスボイスという技術でつなげることができます。ミックスボイスとは、胸声と頭声の中間にある声です。発声法のトレーニングでは、胸声や頭声やミックスボイスの感覚を覚えたり、音階や歌詞などで発声したりする練習をします。発声法のトレーニングは、15分から20分程度で行いましょう。

発音法のトレーニング

発音法のトレーニングは、口腔や舌などの発音器官を使って音を発する方法を学びます。発音法には、母音と子音がありますが、ボイス トレーニングでは両方とも明瞭に発音できるようになることが目標です。母音とは、声帯の振動で作られる音です。子音とは、口腔や舌などで空気の流れを変えて作られる音です。母音と子音は、それぞれ異なる発音位置や発音方法を持ちますが、滑らかにつなげることができます。発音法のトレーニングでは、母音や子音の発音位置や発音方法を覚えたり、言葉や歌詞などで発音したりする練習をします。発音法のトレーニングは、10分から15分程度で行いましょう。

声のクーリングダウン

声のクーリングダウンは、声を出した後に行う整理運動です。声帯や喉頭、口腔などの発声筋をリラックスさせて、声の回復と保護をします。具体的には、首や肩、顔などのストレッチやマッサージ、唇や舌などの動かし方、発声筋のリラックス法などがあります。声のクーリングダウンは、5分から10分程度で行いましょう。

以上が独学ボイストレーニングのやり方と練習メニューです。これらのトレーニングは、毎日継続することが大切です。しかし、無理をしないことも大切です。自分の声に合わせて、適度な量と強度でトレーニングしましょう。

独学ボイストレーニングで成果を出すコツ

独学ボイストレーニングで成果を出すコツは、以下のようなものがあります。

  • 目標を明確にすること
  • 計画を立てること
  • フィードバックを得ること
  • 楽しみながらすること

目標を明確にすること

目標を明確にすることは、独学ボイストレーニングのモチベーション維持です。自分が何のためにボイス トレーニングをするのか、どんな効果を得たいのか、どんな声になりたいのかなど、具体的にイメージしましょう。例えば、「3か月後にカラオケで高い歌が歌えるようになる」といった感じです。

計画を立てること

計画を立てることは、独学ボイストレーニングの効率化です。自分がどんなトレーニングをするのか、いつどこでどれくらいするのかなど、具体的に決めましょう。計画はPDCAサイクルに沿って実行すると良いです。PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)→Plan(計画)…の頭文字を取ったものです。例えば、「毎日朝10分間、腹式呼吸のトレーニングをする」という計画はPDCAサイクルに沿っています。

フィードバックを得ること

フィードバックを得ることは、独学ボイストレーニングの成長促進です。自分の声に対する客観的な評価やアドバイスを聞くことで、自分の強みや弱みを知ることができます。フィードバックは、録音した自分の声や、信頼できる人や専門家に聞くことで得られます。フィードバックは、ポジティブなものだけでなく、ネガティブなものも受け入れましょう。フィードバックは、改善のための貴重な情報です。

楽しみながらすること

楽しみながらすることは、独学ボイストレーニングの継続力です。ボイストレーニングは、単調で退屈なものになりがちです。しかし、ボイストレーニングは、自分の声を変えることができる楽しいものでもあります。トレーニングをする際は、自分の好きな曲やジャンルを選んだり、自分の好きなキャラクターや有名人の声に挑戦したりすることで、楽しみながらすることができます。楽しみながらすることで、ボイス トレーニングを習慣化しやすくなります。

以上が独学ボイストレーニングで成果を出すコツです。これらのコツを実践することで、トレーニングを効果的に行うことができます。

独学ボイストレーニングをより効率的に効果を出す方法

ボイストレーニングを独学で行うのには、メリットとデメリットがあります。そこで、独学ボイストレーニングをより効率的に効果を出せるおすすめな方法があります。それは、自宅で自分のペースでボイストレーニングができる「ボイストレーニングガイドライン動画講習」の利用です。「ボイストレーニングガイドライン動画講習」とは、プロのボイストレーナーが作成した動画講座で、ボイストレーニングの基礎から応用までを動画を見て学ぶことができるものです。「ボイストレーニングガイドライン動画講習」には、以下のようなメリットがあります。

  • プロの指導を受けられる
  • 正しい方法と効果がわかる
  • 悪い癖や声の傷みを防げる
  • 自分の進度に合わせて学べる
  • 好きな時間に好きな場所で学べる

「ボイストレーニングガイドライン動画講習」は、独学ボイストレーニングのデメリットを解消し、メリットをさらに高める方法です。プロの指導を見ることで、正しい方法と効果を確認できますし、悪い癖や声の傷みを防げます。また、自分の進度に合わせて学べることで、無理なくトレーニングできますし、好きな時間に好きな場所で学べることで、快適にトレーニングできます。

しかし、「ボイストレーニングガイドライン動画講習」にもデメリットがあります。次に、デメリットについて見てみましょう。

  • 費用がかかる
  • フィードバックが得られない
  • モチベーションが続かない可能性がある

これらのデメリットは、「ボイストレーニングガイドライン動画講習」の欠点です。費用がかかることは、独学のみのトレーニングと比べて、経済的な負担が増えることを意味します。「ボイストレーニングガイドライン動画講習」の料金は、コースや期間によって異なりますが、一般的には数千円から数万円程度です。フィードバックが得られないことは、ボイス トレーニング 独学と比べて、自分の声に対する客観的な評価やアドバイスが聞けないことを意味します。「ボイストレーニングガイドライン動画講習」では、プロの指導を受けられますが、直接的なコミュニケーションはありません。モチベーションが続かない可能性があることは、ボイス トレーニング 独学と同じく、トレーニングを継続することが難しくなることを意味します。「ボイストレーニングガイドライン動画講習」では、自分の都合に合わせて学べますが、それゆえにサボりやすくなります。

以上が「ボイストレーニングガイドライン動画講習」のメリットとデメリットです。これらを比較すると、「ボイストレーニングガイドライン動画講習」は独学ボイストレーニングをより確実なものにするツールとなるでしょう。

日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

日本ボイストレーナー連盟は、ボイストレーナーの育成や認定を行う団体です。この団体が作成したボイストレーニングガイドラインは、ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめたものです。このガイドラインを元にした動画講習が、ボイストレーニングガイドライン動画講習です。

この動画講習は、20レッスンで構成されています。トータル時間は約5時間程度で、以下のような内容が含まれています。

  • 声の仕組みや発声法
  • 声帯や喉頭筋のトレーニング
  • 呼吸法や発声法
  • 音程や音色のコントロール
  • 発音や滑舌の改善
  • 歌唱法や表現力の向上

これらの内容は、初心者から上級者まで幅広く役立つものです。また、動画では実際にボイストレーナーが実演や解説を行っています。そのため、視覚的にも聴覚的にも理解しやすくなっています。

動画講習の内容とメリット

この動画講習を受けることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 声に関する正しい知識や技術を身につけることができる
  • 自分の声を客観的に分析し、改善点を見つけることができる
  • 声を使う場面で自信や安心感を持つことができる
  • 声のトラブルや疲れを防ぐことができる
  • 声の可能性や魅力を引き出すことができる

また、動画講習の特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • 動画なので、いつでもどこでも視聴できる
  • 自分のペースで学習できる
  • 繰り返し見ることで定着させることができる

動画講習の受講方法と費用

この動画講習を受けるには、以下の手順を踏みます。

  1. 日本ボイストレーナー連盟の公式サイトにアクセス
  2. トップページから「ボイストレーニングガイドライン動画講習」のバナーをクリック
  3. 受講申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
  4. 受講料を指定の口座に振り込みます
  5. 振り込み確認後、動画視聴用のURLとパスワードがメールで送られてきます
  6. メールに記載されたURLにアクセスし、パスワードを入力します
  7. 動画を視聴します

この動画講習の受講料は、税込みで39,800円となっています。

動画視聴レッスンなので、場所を選ばず空き時間で気軽に視聴できるので、1年間スクールに通うことを考えると、安くて手軽!という考え方もできると思います。

 

歌や声に自信を持ちたい|独学ボイストレーニングの効果的なやり方まとめ

最後に、記事のポイントをまとめます。

  • ボイストレーニングを独学で行うのには、メリットデメリットがある
  • ボイストレーニングの独学にはインターネットや書籍などの教材が役立つが、自分の声を録音して聞くことも重要である
  • 独学ボイストレーニングでもプロの指導やフィードバックを受ける機会を作ることが望ましい
  • 独学ボイストレーニングは自分の目標や進度を設定してモチベーションを保つことが大切である
  • 独学ボイストレーニングは楽しみながら行うことが最も重要である
  • 日本ボイストレーナー連盟が提供する動画講習:日本ボイストレーナー連盟が作成したボイストレーニングガイドラインを元にした動画講習は、20レッスンで構成されており、声に関する正しい知識や技術を身につけることができる

【関連記事】
一般人のボイトレにおすすめの動画教材|ボイストレーニングガイドライン動画講習をご紹介

ボイトレを続けるのが厳しいと悩む人のために、自宅でできる方法をご紹介

オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説