ボイトレを続けるのが厳しいと悩む人のために、自宅でできる方法をご紹介

アフィリエイト広告を利用しています

ボイトレを始めたけど、厳しいと感じる人も多いのではないでしょうか。ボイトレを厳しいと感じる理由は人それぞれですが、例えば、ボイトレの先生が怖いと思ったり、ボイトレを続けるのが不安になったりすることがあります。そういうときは、どうすればいいのでしょうか。この記事では、ボイトレを厳しいと感じながらも続けるためのおすすめの方法をご紹介します。その方法は、自宅で自分のペースでボイトレができる「ボイストレーニングガイドライン動画講習」です。この動画講習は、日本ボイストレーナー連盟が作成したボイストレーニングの基本から応用までを分かりやすく解説したものです。この動画講習を見ながら、自宅でボイストレーニングをすることができます。この動画講習を受けることで、どんなメリットや効果があるのか、どうやって受けることができるのか、詳しく見ていきましょう。

  • ボイトレの先生の選び方:ボイトレの先生は経歴や実績、評判などを調べて、指導方針や目標、料金などを確認することが大切である
  • ボイトレの不安やストレスの対処法:ボイトレに不安やストレスを感じるときは、自分の声を客観的に聞いたり、自分の声を受け入れたり、自分のペースでボイトレしたりすることが効果的
  • 自宅でボイトレするメリットと注意点:自宅でボイトレすることで、時間や費用を節約したり、指導者や先生に怖がられなかったり、自分の声に集中できたりするが、声を痛めないようにウォーミングアップやクーリングダウンなどを行うことが必要である
  • 自宅でボイトレするのにおすすめの教材:日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

ボイトレが厳しいと感じるあなたへ

ボイトレとは、ボイストレーニングの略で、声を鍛えることです。歌手や声優、ナレーターなど、声を仕事にする人はもちろん、日常生活で声をよく使う人にもおすすめの方法です。ボイトレには、発声法や発音法、呼吸法など、さまざまな技術があります。ボイトレをすることで、声の質や量、表現力などが向上すると言われています。

しかし、ボイトレは簡単なことではありません。ボイトレを始めたけど、厳しいと感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、ボイトレを厳しいと感じる理由やポイント、ボイトレを厳しいと感じながらも続けるためのおすすめの方法をご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

ボイトレの先生が怖い

ボイトレを行うにあたり、適切な指導者や先生と出会うことは重要です。適切な指導者や先生に出会えれば、効果的にボイトレを進めることができます。しかし、指導者や先生を探すことは簡単ではありません。また、指導者や先生によっては、厳しい指導をすることもあります。そのため、ボイトレの先生が怖いと思う人も少なくないでしょう。

ボイトレの先生が怖いと思う理由は人それぞれですが、以下のようなものが挙げられます。

  • 指導者や先生の態度や言動が威圧的
  • 指導者や先生の要求や目標が高すぎ
  • 指導者や先生の指導方法が合わない、効果が感じられない
  • 指導者や先生の評価やフィードバックが厳しい、否定的
  • 指導者や先生とのコミュニケーションがうまくいかない、信頼できない

ボイトレの先生が怖くて厳しいと感じると、ボイトレに対するモチベーションや自信が低下したり、ストレスや不安を感じたりすることもあります。その結果、ボイトレを続けることが難しくなることもあります。そうならないためには、指導者や先生を選ぶときには、以下のようなポイントに注意することがおすすめです。

  • 指導者や先生の経歴や実績、評判などを事前に調べる
  • 指導者や先生の指導方針や目標、料金などを明確に確認する
  • 指導者や先生の指導方法や内容に納得できるかどうかを判断する
  • 指導者や先生との相性や信頼関係を重視する
  • 指導者や先生に対して自分の意見や要望、不満などを適切に伝える

指導者や先生はボイトレを成功させるためのパートナーです。自分に合った指導者や先生を見つけることで、ボイトレ 先生 怖いという感情を克服できるかもしれません。

ボイトレを続けるのが不安になるポイントと解決策

ボイトレは声を鍛えることですが、声は人間の個性や感情を表すものでもあります。そのため、ボイトレは自分自身と向き合うことでもあります。ボイトレをすることで、自分の声に対する意識や評価が変わったり、自分の声に対するコンプレックスや悩みが浮かび上がったりすることもあります。そのようなとき、ボイトレを続けるのが不安になることもあるでしょう。

ボイトレを続けるのが不安になるポイントは人それぞれですが、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の声が好きではない
  • 自分の声が上手く出ない
  • 自分の声が他人と比べて劣っている
  • 自分の声が変わってしまう
  • 自分の声が聞かれて恥ずかしい

ボイトレを続けるのが不安になると、ボイトレに対する楽しみや期待が減少したり、自己否定や自信喪失に陥ったりすることもあります。その結果、ボイトレを続けることが難しくなることもあります。そうならないためには、以下のような方法を試してみることがおすすめです。

自分の声を客観的に聞く

ボイトレを続けるのが不安になるとき、自分の声に対する主観的な感情や思い込みが強くなることがあります。そのようなときは、自分の声を客観的に聞くことが大切です。自分の声を録音して聞いたり、指導者や先生、友人などに意見やアドバイスをもらったりすることで、自分の声に対する客観的な評価や認識を得ることができます。また、自分の声の長所や短所、改善点や目標などを明確にすることもできます。自分の声を客観的に聞くことで、ボイトレ 不安を解消したり、ボイトレへのモチベーションや自信を高めたりすることができるかもしれません。

自分の声を受け入れる

ボイトレを続けるのが不安になるとき、自分の声に対する否定的な感情や思い込みが強くなることがあります。そのようなときは、自分の声を受け入れることが大切です。自分の声は自分自身の個性や感情を表すものです。自分の声は他人と比べるものではありません。自分の声は変えられないものではありません。自分の声は恥ずかしいものではありません。自分の声は自分だけの貴重なものです。自分の声を受け入れることで、ボイトレ 不安を克服したり、ボイトレへの楽しみや期待を増やしたりすることができるかもしれません。

自分のペースでボイトレする

ボイトレを続けるのが不安になるとき、自分のペースや能力に合わないボイトレをしていることがあります。そのようなときは、自分のペースでボイトレすることが大切です。ボイトレは一朝一夕に効果が現れるものではありません。ボイトレは無理や強制をして効果が出るものではありません。ボイトレは楽しくやって効果が出るものです。自分のペースでボイトレすることで、ボイトレ 不安を緩和したり、ボイトレへの熱意や集中力を保ったりすることができるかもしれません。

以上が、ボイトレを続けるのが不安になるポイントと対処法です。ボイトレを続けることの不安は誰でも感じることがありますが、それを乗り越えてボイトレを続けることで、素敵な声に近づくことができます。

 

ボイトレ厳しいなら自宅でやってみよう

ボイトレは時間や費用がかかったり、指導者や先生が怖かったり、不安やストレスが多かったりすることがあります。そのような場合、ボイトレを続けるのが厳しいと感じてしまうこともあるでしょう。しかし、ボイトレを続けるのが厳しいからと言って諦めるのはもったいないです。ボイトレは自宅で自分のペースでできる方法もあります。この記事では、自宅で自分のペースでボイトレができる「ボイストレーニングガイドライン動画講習」をおススメします。ボイストレーニングガイドライン動画講習とは、ボイストレーニングの基本から応用までを分かりやすく解説した動画講習です。この動画講習を見ながら、自宅でボイストレーニングをすることができます。この動画講習のメリットや効果、使い方などについて詳しく見ていきましょう。

ボイストレーニング 自宅でできるメリット

ボイストレーニングを自宅でできるメリットは以下の通りです。

  • 時間や費用を節約できる
  • 指導者や先生との直接の顔合わせがない
  • 不安やストレスを感じにくい
  • 自分のペースや能力に合わせて進められる
  • 自分の声に集中できる

ボイストレーニングが自宅でできると、ボイトレを続けるのが厳しいと感じる要因を排除することができます。また、ボイストレーニングを自宅でやることで、ボイトレへの楽しみや期待を増やしたり、ボイトレへの情熱や希望を持ち続けたりすることができるかもしれません。

ボイストレーニングを自宅でやるときの注意点

ボイストレーニングを自宅でできるメリットは多いですが、自分のペースで行うために、やりすぎて声を痛めてしまう可能性もあります。声を痛めないための注意点は以下の通りです。

  • トレーニングの前にウォーミングアップをする
  • トレーニングの後にクーリングダウンをする
  • トレーニング中に水分補給をする
  • 無理したり過度な負荷をかけない
  • 喉の違和感や痛みを感じたらすぐにやめる

ボイストレーニング 自宅でやるときは、自分の声の状態や感覚に注意しながら、無理のない範囲で行うことが大切です。

効果的なボイストレーニングのやり方は、以下の通りです。

  • トレーニングの目標や計画を明確にする
  • トレーニングの内容や方法に納得できるかどうかを判断する
  • ボイストレーニングの教材や動画などの信頼性や評判を確認する
  • 仲間や指導者などから意見やアドバイスをもらう

ボイストレーニングを自宅でやるときは、自分に合った効果的なボイストレーニング方法を見つけて、楽しくやってみましょう。

日本ボイストレーナー連盟が提供するボイストレーニングガイドライン動画講習

日本ボイストレーナー連盟は、ボイストレーナーの育成や認定を行う団体です。この団体が作成したボイストレーニングガイドラインは、ボイストレーニングの基礎知識や技術を体系的にまとめたものです。このガイドラインを元にした動画講習が、ボイストレーニングガイドライン動画講習です。

この動画講習は、20レッスンで構成されています。トータル時間は約5時間程度で、以下のような内容が含まれています。

  • 声の仕組みや発声法
  • 声帯や喉頭筋のトレーニング
  • 呼吸法や発声法
  • 音程や音色のコントロール
  • 発音や滑舌の改善
  • 歌唱法や表現力の向上

これらの内容は、初心者から上級者まで幅広く役立つものです。また、動画では実際にボイストレーナーが実演や解説を行っています。そのため、視覚的にも聴覚的にも理解しやすくなっています。

動画講習の内容とメリット

この動画講習を受けることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 声に関する正しい知識や技術を身につけることができる
  • 自分の声を客観的に分析し、改善点を見つけることができる
  • 声を使う場面で自信や安心感を持つことができる
  • 声のトラブルや疲れを防ぐことができる
  • 声の可能性や魅力を引き出すことができる

また、動画講習の特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • 動画なので、いつでもどこでも視聴できる
  • 自分のペースで学習できる
  • 繰り返し見ることで定着させることができる

動画講習の受講方法と費用

この動画講習を受けるには、以下の手順を踏みます。

  1. 日本ボイストレーナー連盟の公式サイトにアクセス
  2. トップページから「ボイストレーニングガイドライン動画講習」のバナーをクリック
  3. 受講申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
  4. 受講料を指定の口座に振り込みます
  5. 振り込み確認後、動画視聴用のURLとパスワードがメールで送られてきます
  6. メールに記載されたURLにアクセスし、パスワードを入力します
  7. 動画を視聴します

この動画講習の受講料は、税込みで39,800円となっています。

動画視聴レッスンなので、場所を選ばず空き時間で気軽に視聴できるので、1年間スクールに通うことを考えると、安くて手軽!という考え方もできると思います。

ボイトレを続けるのが厳しいと悩む人のために、自宅でできる方法をご紹介まとめ

最後に、記事のポイントをまとめます。

  • ボイトレの先生の選び方:ボイトレの先生は経歴や実績、評判などを調べて、指導方針や目標、料金などを確認することが大切
  • ボイトレの不安やストレスの対処法:ボイトレに不安やストレスを感じるときは、自分の声を客観的に聞いたり、自分の声を受け入れたり、自分のペースでボイトレしたりすることが効果的
  • 自宅でボイトレするメリットと注意点:自宅でボイトレすることで、時間や費用を節約したり、指導者や先生に怖がられなかったり、自分の声に集中できたりするが、声を痛めないようにウォーミングアップやクーリングダウンなどを行うことが必要
  • 日本ボイストレーナー連盟が提供する動画講習:日本ボイストレーナー連盟が作成したボイストレーニングガイドラインを元にした動画講習は、20レッスンで構成されており、声に関する正しい知識や技術を身につけることができる

【関連記事】
一般人のボイトレにおすすめの動画教材|ボイストレーニングガイドライン動画講習をご紹介

歌や声に自信を持ちたい|独学ボイストレーニングの効果的なやり方

オーディオブックナレーターになるには?必要なスキルやライバルとの差の付け方を解説