そろばんの先生になりたい人必見!資格取得のコツや勉強法、収入や仕事内容などを詳しく紹介!

アフィリエイト広告を利用しています

この記事にたどりついたあなたはこんな想いをもっている方ではないでしょうか?

  • 子どもがそろばん教室に通っていて、そろばんの可能性に興味を持っている
  • そろばんを習っていた経験があり、子どもや地域の人にそろばんを教えたいと思っている
  • 自分の時間や場所を選べる仕事を探しており、そろばんの先生に興味を持っている

本記事では以下のことについて書いています。

  • そろばんの先生になるために必要な資格や条件
  • そろばんの先生になるためにどのような勉強や練習をすべきか
  • そろばんの先生になるメリットやデメリット
  • そろばんの先生になるにはどれくらいの時間や費用がかかるのか
  • そろばんの先生になった後の就職や開業の方法

本記事を読んでいただくことで、
以下のような、あなたの将来を占うヒントを得られるかもしれません。
参考になれば、幸いです。

  • 自分の好きなことや得意なことを仕事にできる
  • 子どもや社会に貢献できる
  • 自分の能力や価値を高める

 

そろばんは日本の伝統的な計算道具であり、現代でも脳トレや教育に役立つとされています。そろばんの先生になるという夢を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、そろばんの先生になるためにはどのような資格や条件が必要なのでしょうか。また、そろばんの先生になるためにはどのような勉強や練習をすべきなのでしょうか。そして、そろばんの先生になるメリットやデメリット、時間や費用、就職や開業の方法などはどうなっているのでしょうか。この記事では、そろばんの先生になりたい人に向けて、これらの疑問に答えていきます。

【関連記事】あなたのそろばんスキルが活かせる仕事!在宅ワーク|オンラインそろばん教室で講師デビュー!

そろばんの先生になるために必要な資格や条件

そろばんの先生になるために必要な資格や条件は、以下のようにまとめられます。

そろばん検定

そろばんの先生になるために必要な資格はありません。しかし、資格が必要ないからといって、誰でも簡単になれるものでもありません。そろばんの先生になるには、一定のそろばん技術と指導力が求められます。そろばん技術は一般的にはそろばん検定2~3級以上持っていることが望ましいとされています。また、信頼できる教室や団体(日本そろばん連盟や日本珠算連盟など)に所属することも重要です。

教員免許

民間の学校や塾でそろばんを教える場合は、教員免許は必須ではありませんが、あれば有利です。そろばんの先生として働くには、そろばんだけでなく、算数や数学などの基礎的な知識も必要です。さらに、子どもたちにわかりやすく楽しくそろばんを教えるためには、教育心理学や教育方法論などの教育学的な知識も必要です。したがって、そろばんの先生になるのに教員免許は不要ですが、一般的にはそろばんの技能や知識だけでなく、算数や数学などの基礎的な知識や、教育心理学や教育方法論などの教育学的な知識があれば有利ということが言えるでしょう。

指導力

そろばんの先生として活躍するためには、指導力も重要です。指導力とは、生徒のレベルや個性に合わせて効果的な教え方や指導法を選択し、生徒の興味やモチベーションを高める能力です。指導力を身につけるためには、実際にそろばんを教える経験を積むことが必要ですが、他の教育関係者からアドバイスをもらったり、指導法の本や動画を参考にしたりすることも有効です。

 

そろばんの先生になるためにどのような勉強や練習をすべきか

そろばんの先生になるためにどのような勉強や練習をすべきかは、以下のようにまとめられます。

そろばんの基本的な操作や計算法

そろばんの先生になるためには、まずはそろばんの基本的な操作や計算法をマスターすることが必要です。そろばんの操作には、珠の動かし方桁の区切り方などがあります。そろばんの計算法には、足し算引き算掛け算割り算小数点分数などがあります。これらの操作や計算法を習得するためには、教科書や問題集を使って反復練習することが効果的です。

そろばんの応用的な技術や知識

そろばんの先生になるためには、基本的な操作や計算法だけでなく、応用的な技術や知識も必要です。応用的な技術には、暗算フラッシュ暗算連珠暗算暗唱暗算などがあります。応用的な知識には、珠算の歴史珠算の原理珠算と脳科学珠算と教育効果などがあります。これらの技術や知識を身につけるためには、専門書や論文を読んだり、実際に応用問題に挑戦したりすることが必要です。

そろばんの教え方や指導法

そろばんの先生になるためには、そろばんを教える方法や指導する方法も学ぶ必要があります。教え方や指導法には、生徒のレベル別の教材選択生徒の個性別の指導法選択生徒の理解度や進度の確認方法生徒の評価やフィードバック方法などがあります。これらの教え方や指導法を学ぶためには、教育学や心理学の知識を身につけたり、他の教育関係者と情報交換したりすることが有効です。

 

そろばんの先生になるメリットやデメリット

そろばんの先生になるメリットやデメリットは、以下のようにまとめられます。

メリット

自分の好きなことや得意なことを仕事にできること

そろばんの先生になるということは、自分がそろばんに興味を持っているか、そろばんを習っていた経験があるか、そろばんが好きだということを意味します。そのため、自分の好きなことや得意なことを仕事にできるということは、大きなメリットです。自分の好きなことや得意なことを仕事にできるということは、仕事へのモチベーションや満足度を高めることができます。

子どもや社会に貢献できること

そろばんの先生になるということは、子どもたちにそろばんの技術や知識を教えるということです。そろばんは、計算能力や集中力、記憶力、創造力などを高める効果があるとされています。そのため、子どもたちにそろばんを教えることは、彼らの学力や人間性の向上に貢献することができます。また、そろばんは日本の伝統文化であり、海外での文化交流やボランティア活動にも活かせる可能性があります。そのため、そろばんの先生になることは、社会にも貢献することができます。

自分の時間や場所を選べる仕事であること

そろばんの先生になるということは、自分で教室を開くか、他の教室に所属するか、学校や塾に勤務するかなど、様々な働き方が選べるということです。そのため、自分のライフスタイルや家庭環境に合わせて、自分の時間や場所を選べる仕事であるということは、大きなメリットです。自分の時間や場所を選べる仕事であるということは、仕事とプライベートのバランスを取りやすくすることができます。

デメリット

資格取得や勉強に時間や費用がかかること

そろばんの先生になるためには、資格取得や勉強に時間や費用がかかります。資格取得には、そろばん検定や教員免許などが必要ですが、これらの試験は難易度が高く、合格率も低いです。そのため、資格取得には多くの時間や費用が必要です。また、勉強にも時間や費用がかかります。勉強には、教科書や問題集、専門書や論文などが必要ですが、これらの資料は安くはありません。そのため、勉強にも多くの時間や費用が必要です。

生徒や保護者からの要求やクレームに対応しなければならないこと

そろばんの先生になるということは、生徒や保護者からの要求やクレームに対応しなければならないことです。生徒や保護者からの要求やクレームには、生徒の成績向上生徒の進路指導授業料や教材費授業時間や場所などがあります。これらの要求やクレームに対応するためには、コミュニケーション能力や交渉能力が必要です。また、要求やクレームに対応することは、ストレスやプレッシャーを感じることもあります。

 

そろばんの先生になるにはどれくらいの時間や費用がかかるのか

そろばんの先生になるにはどれくらいの時間や費用がかかるのかは、以下のようにまとめられます。

時間

そろばんの先生になるには、資格取得や勉強にかかる時間を考慮する必要があります。資格は必須ではないものの、有利に働きます。資格は、そろばん検定や教員免許などがありますが、これらの試験は難易度が高く、合格するまでには数ヶ月から数年かかる場合があります。また、勉強にも時間がかかります。勉強には、そろばんの基本的な操作や計算法から応用的な技術や知識、教え方や指導法まで幅広く学ぶ必要があります。そのため、勉強には数ヶ月から数年かかる場合があります。総合的に見ると、そろばんの先生になるには、未経験から数えると最短で半年から1年、平均で2年から3年、最長で5年以上かかると言えるでしょう。

費用

そろばんの先生になるには、資格取得や勉強にかかる費用を考慮する必要があります。資格取得には、そろばん検定や教員免許などがありますが、これらの試験は受験料や教材費などが発生します。そろばん検定の受験料は級ごとに異なりますが、初級から特級まで受けると約3万円ほどかかります。教員免許の受験料は大学や大学院の入学金や授業料などを含めると数十万円から数百万円ほどかかります。また、勉強にも費用がかかります。勉強には、教科書や問題集、専門書や論文などが必要ですが、これらの資料は1冊あたり数千円から数万円ほどかかります。総合的に見ると、そろばんの先生になるには、最低で5万円から10万円、平均で20万円から30万円、最高で100万円以上かかると言えるでしょう。

 

そろばんの先生になった後の就職や開業の方法

そろばんの先生になった後の就職や開業の方法は、以下のようにまとめられます。

就職

そろばんの先生として就職する場合は、公立の小学校や中学校民間の学校や塾などが対象となります。公立の小学校や中学校でそろばんを教える場合は、教員免許が必要です。また、採用試験や面接などを経て採用されることになります。民間の学校や塾でそろばんを教える場合は、教員免許は必須ではありませんが、あれば有利です。また、履歴書や面接などを経て採用されることになります。

また、今ではオンラインで行うそろばん講師の募集もあります。時間や場所を選ぶ働き方を探している方にはうってつけの環境と言えるでしょう。

【関連記事】あなたのそろばんスキルが活かせる仕事!在宅ワーク|オンラインそろばん教室で講師デビュー!

開業

そろばんの先生として開業する場合は、自分で教室を開く他の教室に所属するかの選択肢があります。自分で教室を開く場合は、教室の場所や設備、教材やカリキュラム、生徒募集や経営管理などを自分で行う必要があります。そのため、開業には多くの時間や費用がかかりますが、自分のやり方で教室を運営できるというメリットがあります。他の教室に所属する場合は、既存の教室に加盟するか、フランチャイズ契約を結ぶかの選択肢があります。その場合は、教室の場所や設備、教材やカリキュラムなどは教室側が用意してくれることが多いです。そのため、開業には比較的少ない時間や費用がかかりますが、教室側の方針や規則に従わなければならないというデメリットがあります。

 

そろばんの先生になりたい人必見!資格取得のコツや勉強法、収入や仕事内容などを詳しく紹介!まとめ

この記事では、そろばんの先生になりたい人に向けて、資格取得のコツや勉強法、収入や仕事内容などを詳しく紹介しました。そろばんの先生になるためには、資格取得や勉強に時間や費用がかかることや、生徒や保護者からの要求やクレームに対応しなければならないことなど、デメリットもあります。しかし、自分の好きなことや得意なことを仕事にできることや、子どもや社会に貢献できることなど、メリットもあります。また、自分の時間や場所を選べる仕事であることも魅力的です。そろばんの先生になりたい人は、この記事を参考にして、自分の目標に向かって頑張ってください。

 

【関連記事】
あなたのそろばんスキルが活かせる仕事!在宅ワーク|オンラインそろばん教室で講師デビュー!

そろばんの先生・指導員になるには何級・何段必要?収入は?履歴書の書き方は?

そろばん教室の先生の年収はどれくらい?その他仕事内容とやりがいについて徹底研究