そろばん教室の先生の年収はどれくらい?その他仕事内容とやりがいについて徹底研究

アフィリエイト広告を利用しています

そろばん教室の先生は、そろばんを習ったことがある方にとって、自分の得意な分野を活かして仕事ができる魅力的な職業です。またそれだけではなく、子どもたちの成長や喜びを間近で見ることができるやりがいや責任感もあります。一方で、生徒や保護者からのクレームやトラブルに対処したり、教室の集客や経営に苦労したりすることもあります。

そんなそろばん教室の先生の年収はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、そろばん教室の先生に関する情報を徹底的に調べてみました。そろばん教室の先生になる方法や資格、年収や給料相場、仕事内容やメリット・デメリット、オンラインそろばん教室の存在など、気になることを詳しく解説しています。

そろばん教室の先生になることに興味がある方の参考になれば、幸いです。

▼未経験の方には研修あり!よみかきそろばんくらぶの先生募集はこちら▼
よみかきそろばんくらぶ|オンラインよみかきそろばんの先生募集

 

そろばん教室の先生になる方法と資格

そろばん教室の先生になるには、どうすればいいのでしょうか?一般的には、以下の2つの方法があります。

  • 既存のそろばん教室に就職する
  • 自分でそろばん教室を開業する

既存のそろばん教室に就職する

既存のそろばん教室に就職する場合は、そろばん教室が求める条件に応じて応募することができます。条件は教室によって異なりますが、一般的には以下のようなものです。

  • そろばん検定や暗算検定などの資格を持っている
  • そろばんや暗算が得意である
  • 子どもと接することが好きである
  • 教えることが好きである
  • コミュニケーション能力や指導力がある

自分でそろばん教室を開業する

自分でそろばん教室を開業する場合は、以下のような準備が必要です。

  • 教室を開く場所や時間を決める
  • 教材や道具を用意する
  • 生徒を集めるための広告や宣伝を行う
  • 教育法人や社団法人などの法人化を検討する
  • 経営や会計などの管理を行う

そろばん教室の先生になるために必要な資格

また、自分でそろばん教室を開業する場合は、法的には資格は必要ありませんが、信頼性や採用競争に勝つためには、以下のような資格を取得していることがおすすめです。

  • そろばん検定や暗算検定などの技能検定
  • そろばん指導員や暗算指導員などの指導者資格
  • 日本算盤協会や日本暗算協会などの団体への加盟

 

そろばん教室の先生の年収や給料相場

そろばん教室の先生の年収や給料相場は、以下のような要因によって大きく変わります。

  • 勤務形態(正社員・パート・アルバイト・個人事業主)
  • 勤務時間(週何日・何時間)
  • 勤務地(地域・都市部・郊外)
  • 教室規模(生徒数・教室数)
  • 経験やスキル(資格・実績・評判)

一般的には、正社員として働く場合は、年収は300万円から600万円程度、月収は20万円から50万円程度となります。パートやアルバイトとして働く場合は、時給は800円から2000円程度となります。個人事業主として開業する場合は、年収は100万円から1000万円以上となりますが、経費や税金なども考慮する必要があります。

年収
正社員年収300万円~600万円
(月収20万円~50万円)
パート・アルバイト時給800円~2,000円
事業主・開業年収100万円~1,000万円以上

▼オンラインであなたのそろばん経験をお仕事に!よみかきそろばんくらぶの先生募集はこちら▼
よみかきそろばんくらぶ|オンラインよみかきそろばんの先生募集

  

そろばん教室の先生の仕事内容とメリット・デメリット

そろばん教室の先生の仕事内容は、以下のようなものです。

  • 生徒にそろばんや暗算の技術や知識を教える
  • 生徒の学習状況や進度を把握し、個別に指導する
  • 生徒の成績や検定結果を評価し、フィードバックする
  • 生徒のモチベーションや自信を高める
  • 生徒や保護者とのコミュニケーションをとる
  • 教材やカリキュラムを作成する
  • 教室の管理や運営を行う

そろばん教室の先生の仕事には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 自分の得意な分野を活かして仕事ができる
  • 生徒の成長や喜びを間近で見ることができる
  • 教育に関わるやりがいや責任感がある
  • 自分で教室を開業すれば、自由に働くことができる

デメリット

  • 生徒や保護者からのクレームやトラブルに対処する必要がある
  • 教室の集客や経営に苦労する可能性がある
  • 学校や塾などとの競争が激しい
  • 収入が安定しない場合がある

 

そろばん教室の先生に向いている人と向いていない人

そろばん教室の先生になるには、どのような人が向いているのでしょうか?また、どのような人が向いていないのでしょうか?

そろばん教室の先生に向いている人

そろばん教室の先生に向いている人は、以下のような特徴を持っている人です。

  • そろばんや暗算が好きで、常に技術や知識を向上させようとする人
  • 子どもと接することが好きで、優しく丁寧に教えることができる人
  • 教育に情熱を持ち、生徒の成長や喜びを自分のやりがいにする人
  • 自分で教室を開業する場合は、経営や管理にも興味や能力がある人

そろばん教室の先生に向いていない人

そろばん教室の先生に向いていない人は、以下のような特徴を持っている人です。

  • そろばんや暗算が苦手で、勉強することに抵抗がある人
  • 子どもと接することが苦手で、イライラしたり怒ったりすることが多い人
  • 教育に無関心で、生徒の成績や検定結果にこだわるだけの人
  • 自分で教室を開業する場合は、経営や管理に無理や無駄が多いと感じる人

 

最近では、オンラインそろばん教室も盛ん

コロナ禍となったのをきっかけに、最近ではオンラインでそろばん教室も盛んです。オンラインそろばん教室には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

オンライン教室のメリット

  • 対面授業よりも感染症などの病気のリスクを低減できる
  • 教室の場所や時間にとらわれずに授業ができる
  • 生徒の居住地域を広げることができる
  • 教材や道具の費用を削減できる

オンライン教室のデメリット

  • オンライン授業に対応できる環境や機器を用意する必要がある
  • オンライン授業に慣れない生徒や保護者が離れてしまう可能性がある
  • オンライン授業では対面授業と同じように指導やコミュニケーションができない場合がある
  • オンライン授業では料金を下げざるを得ない場合がある

▼オンラインであなたのそろばん経験をお仕事に!よみかきそろばんくらぶの先生募集はこちら▼
よみかきそろばんくらぶ|オンラインよみかきそろばんの先生募集

 

そろばん教室の先生の年収はどれくらい?その他仕事内容とやりがいについて徹底研究まとめ

この記事では、そろばん教室の先生に関する情報を徹底的に調べてみました。そろばん教室の先生になる方法や資格、年収や給料相場、仕事内容やメリット・デメリット、コロナ禍に伴うオンラインそろばん教室の増加など、気になることを詳しく解説しました。また、そろばん教室の先生に向いている人と向いていない人も紹介しました。

そろばん教室の先生は、自分の得意な分野を活かして仕事ができる魅力的な職業です。しかし、それだけではなく、子どもたちの成長や喜びを間近で見ることができるやりがいや責任感もあります。一方で、生徒や保護者からのクレームやトラブルに対処したり、教室の集客や経営に苦労したりすることもあります。また、コロナ禍でオンラインそろばん教室が盛んになっているという傾向もあります。

そろばん教室の先生になりたいと思っている人は、この記事を参考にしてみてください。自分に合った方法や条件で、そろばん教室の先生に挑戦してみましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。参考になれば幸いです。

【関連記事】
あなたのそろばんスキルが活かせる仕事!在宅ワーク|オンラインそろばん教室で講師デビュー!

そろばんの先生・指導員になるには何級・何段必要?収入は?履歴書の書き方は?

そろばんの先生になりたい人必見!資格取得のコツや勉強法、収入や仕事内容などを詳しく紹介!