ファッションセンスがない、磨きたいという人には骨格診断がおススメ

アフィリエイト広告を利用しています

自分にはファッションセンスがないと感じている方は多いと思います。しかし、ファッションセンスは生まれつきのものではなく、磨くことができるスキルです。ファッションセンスを磨きたいという人には骨格診断をおススメします。骨格診断とは、自分の骨格タイプに合った服装やアクセサリーを見つける方法です。骨格タイプは、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つに分けられます。自分の骨格タイプを知ることで、似合う色や柄、素材やシルエットを選ぶことができます。骨格診断は、専門のスタイリストに依頼することもできますが、自分で簡単にチェックすることも可能です。骨格診断をすることで、自分に自信が持てるようになり、ファッションを楽しむことができます。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

骨格診断とは何か?

骨格診断とは

骨格診断とは、自分に似合う服を見つけるための方法です。骨格診断を行うことで、自分に似合う服の形や素材、色や柄、アクセサリーやヘアスタイルなどが分かります。骨格診断は、自分に似合う服を見つけるための手段として、多くの人に利用されています。

骨格診断の歴史

骨格診断は、日本では1980年代に流行しました。当時は、骨格診断を受けることが流行語になりました。その後、骨格診断は一時期忘れられていましたが、最近では再び注目されています。

骨格診断の種類

骨格診断には、「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3種類があります。ストレートタイプは、直線的な体型である人向けの骨格診断です。ウェーブタイプは、曲線的な体型である人向けの骨格診断です。ナチュラルタイプは、ストレートタイプとウェーブタイプの中間的な体型である人向けの骨格診断です。

 

骨格診断の種類詳細

骨格診断には、「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3種類があります。

ストレートタイプの特徴と見分け方

ストレートタイプは、直線的な体型である人向けの骨格診断です。ストレートタイプの特徴としては、肩幅・ヒップ幅・ウエスト幅が同じくらいであることが挙げられます。また、腕や足も細く長い傾向があります。

ウェーブタイプの特徴と見分け方

ウェーブタイプは、曲線的な体型である人向けの骨格診断です。ウェーブタイプの特徴としては、肩幅よりもヒップ幅が広く、ウエスト幅が細いことが挙げられます。また、腕や足も太く短い傾向があります。

ナチュラルタイプの特徴と見分け方

ナチュラルタイプは、ストレートタイプとウェーブタイプの中間的な体型である人向けの骨格診断です。ナチュラルタイプの特徴としては、肩幅・ヒップ・ウエスト幅が同じくらいであることが挙げられます。また、腕や足も太く短い傾向があります。

 

骨格診断で分かること

骨格診断を行うことで、自分に似合う服の形や素材、色や柄、アクセサリーやヘアスタイルなどが分かります。自分に似合う服を着ることで、自分自身の魅力を引き出すことができます。

自分に似合う服の形や素材

ストレートタイプは直線的なシルエットの服、ウェーブタイプは曲線的なシルエットの服が似合います。ナチュラルタイプの場合は、ストレートタイプとウェーブタイプの中間的なシルエットの服が似合います。

素材については、ストレートタイプは硬めの素材が似合います。ウェーブタイプは柔らかめの素材が似合います。ナチュラルタイプは、ストレートタイプとウェーブタイプの中間的な硬さの素材が似合います。

自分に似合う色や柄

自分に似合う色や柄は、骨格診断を行うことで分かります。ストレートタイプは、モノトーンやブラック・ホワイト系の服が似合います。ウェーブタイプは、パステルカラーやフェミニンな柄が似合います。ナチュラルタイプは、ナチュラルカラーや無地の服が似合います。

自分に似合うアクセサリーやヘアスタイル

自分に似合うアクセサリーやヘアスタイルも、骨格診断を行うことで分かります。ストレートタイプは、シンプルなデザインのアクセサリーが似合います。ウェーブタイプは、フェミニンなデザインのアクセサリーが似合います。ナチュラルタイプは、ナチュラルなデザインのアクセサリーが似合います。

ヘアスタイルについては、ストレートタイプはストレートヘアが似合います。ウェーブタイプはウェーブヘアが似合います。ナチュラルタイプは、ナチュラルな髪型が似合います。

 

骨格診断で分かることを活かしたファッションのコツ

骨格診断で分かることを活かしたファッションのコツについて紹介します。

ストレートタイプのファッションのコツ

ストレートタイプは直線的な体型であるため、直線的なシルエットの服を選ぶことが大切です。また、硬めの素材を選ぶことで、よりスッキリとした印象を与えることができるでしょう。

ウェーブタイプのファッションのコツ

ウェーブタイプは曲線的な体型であるため、曲線的なシルエットの服を選ぶことが大切です。また、柔らかめの素材を選ぶことで、より女性らしい印象を与えることができます。

ナチュラルタイプのファッションのコツ

ナチュラルタイプはストレートタイプとウェーブタイプの中間的な体型であるため、ストレートタイプとウェーブタイプの中間的なシルエットの服を選ぶことが大切です。また、ナチュラルカラーや無地の服を選ぶことで、より自然な印象を与えることができます。

 

骨格診断専門の資格もある

骨格診断士

骨格診断士は、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。この資格を所有することで、骨格診断の基礎知識、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3タイプに合うファッションや髪型、素材などの知識を有し、診断ができない場合の解決方法なども理解していることが証明されます。また、骨格と骨盤・肩甲骨・呼吸などの関係や、股関節・腰・脚などのストレッチ方法などの知識を有していることも証明される資格です。資格取得後は、骨格診断士として自宅やコミュニティでセッションを行うことができます。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

骨格診断セラピスト

骨格診断セラピストは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格です。骨格診断の特徴やメリット、男女別の骨格診断方法や骨格3タイプとその特徴、タイプ別のスタイルアップのポイントや着こなし方法などに関する基礎知識を有していることも証明されます。資格取得後は、骨格診断セラピストとして、自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

ファッションセンスがない、磨きたいという人には骨格診断がおススメまとめ

骨格診断を行うことで、自分に似合う服やアクセサリー、ヘアスタイルなどが分かります。自分に似合うものを選ぶことで、自分自身の魅力を引き出すことができます。また、骨格診断で分かることを活かしたファッションのコツについても紹介しました。自分に似合うものを選ぶことで、より魅力的な印象を与えることができます。

【関連記事】
骨格診断の資格取得への最短な方法!独学よりも通信教育が絶対おススメ!