骨格診断の資格取得への最短な方法!独学よりも通信教育が絶対おススメ!

アフィリエイト広告を利用しています

骨格診断とは、人の骨格タイプに合わせてファッションやメイクを選ぶ方法です。骨格診断の資格を取得すれば、自分や他人の魅力を引き出すことができます。しかし、骨格診断の資格取得には時間や費用がかかります。そこで、この記事では、骨格診断の資格取得への最短な方法をご紹介します。それは、通信教育講座を受けることです。通信教育講座なら、自宅で好きな時間に学べます。また、独学よりも専門家からの指導をきちんと受けることができます。通信教育講座のメリットや受講方法について、詳しく見ていきましょう。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

骨格診断とは

骨格診断とは、人の骨格タイプに合わせて服やアクセサリーを選ぶ方法です。骨格診断では、骨格の特徴やバランスによって、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプには、似合う色や素材、シルエットなどがあります。骨格診断をすることで、その人に似合うファッションを見つけることができます。また、その人の個性や魅力を引き出すことができます。骨格診断は、骨格を客観的に知ることができるだけでなく、その人の個性や好みを表現することができるファッションのツールです。

 

骨格診断を学ぶと取れる資格

骨格診断の資格は、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)や日本インストラクター技術協会(JIA)などの団体が認定しています。

骨格診断セラピスト

骨格診断セラピストとは、骨格のタイプに合わせて最適なファッションやメイクを提案する専門家です。骨格診断セラピストは、クライアントの骨格を見て、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つのタイプに分類します。そして、それぞれのタイプに似合う色や素材、シルエットなどをアドバイスします。骨格診断セラピストは、コミュニケーション能力やファッションセンスも重要です。骨格診断セラピストは、個人の美しさを引き出すお手伝いをするやりがいのある仕事です。

骨格診断士

の骨格診断士とは、人の骨格タイプを見分けることができる専門家のことです。骨格診断士は、クライアントの骨格タイプを正確に判断し、その人に最適なコーディネートやスタイリングを提案することができます。骨格診断士は、ファッション業界や美容業界での活躍が期待され、個人のクライアントだけでなく、企業や団体のコンサルティングやセミナーなども行うことができます。骨格診断士は、人の印象や自信を変えることができる素晴らしい仕事です。

 

骨格診断を学ぶと就ける仕事

骨格診断を学ぶと、ファッションやビューティーに関する仕事に就ける可能性が高まります。例えば、パーソナルスタイリストやイメージコンサルタント、ファッションエディター、美容師など。これらの仕事に就くために骨格診断を学ぶには、専門のスクールや講座に通い、資格を取得する必要があります。骨格の種類や特徴、コーディネートの方法などを学び、実際にクライアントにアドバイスをする練習も行います。骨格診断は、人の印象や自信を変えることができる素晴らしい技術です。骨格診断を学んで、あなたもファッションやビューティーの分野で活躍しましょう。

 

骨格診断アナリストになるための勉強法

独学(本)

骨格診断アナリストになるための勉強法として、独学で本を読むことは有効な方法の一つです。本を読むことで、骨格診断の基礎知識や理論、実践方法などを学ぶことができます。また、本には様々な骨格タイプの例や写真が掲載されているので、自分や他人の骨格タイプを判断する力も養えます。本を読むだけでは不十分な場合もありますが、独学で本を読むことは、骨格診断アナリストになるための勉強法のひとつとしておすすめです。

【おすすめの本】

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

専門学校

専門学校に通って学ぶことも効果的です。専門学校では、骨格診断の基礎から応用までを学ぶことができます。また、実際にクライアントの骨格を診断する練習や、コーディネートの提案の仕方などを教えてもらえます。専門学校には、骨格診断アナリストの資格を持つ講師や、同じ目標を持つ仲間がいます。彼らと一緒に勉強することで、モチベーションを高めたり、相談したり、刺激を受けたりすることができます。専門学校に通うことで、骨格診断アナリストとしての知識や技術を身につけるだけでなく、自信や人脈も得ることができます。しっかり学べるのも特徴ですが、時間がかかってしまうかもしれません。

通信教育講座

次に紹介する勉強法は、通信教育講座の受講です。通信教育でも、骨格診断の基礎から応用までをしっかり学ぶことができます。自宅で受講でき、自分のペースで学べます。また、講習修了と共に、骨格診断アナリストの資格を取得することができます。最短で2か月での取得が可能です。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

通信教育講座のメリット

通信教育講座には、いくつものメリットがあります。

自宅で自分のペースでできる

通信教育講座では、交通費や時間のロスを気にする必要がありません。また、自分の都合に合わせて勉強のスケジュールを調整できます。さらに、自分の理解度や興味に応じて、講習の内容を深く掘り下げたり、スキップしたりすることもできます。通信教育講座は、自宅で自分のペースで学びたい人や日々の忙しい中でもスキルアップしたい人にとって、最適な学習方法と言えるでしょう。

受講終了で資格が取得できる

通信教育講座では、受講終了で資格が取得できるというメリットもあります。わざわざ試験を受けに行くようなこともなく、自宅で講習を受けていけば、資格を取得することができます。通信教育講座は、忙しい現代人にとって、効率的で便利な学習方法です。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

 

通信教育講座のデメリット

通信教育講座のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

自宅ゆえの誘惑や妨害

通信教育講座では、受講者は自宅や職場など、自分の好きな場所で学習できますが、それは同時に、他の誘惑や妨害にもさらされることを意味します。例えば、スマートフォンやSNS、テレビやゲームなど、学習に関係ないものに気を取られたり、家族やペットなど、周囲の人や動物に邪魔されたりする可能性もあるでしょう。自分で学習意欲や時間管理をコントロールする必要があります。

対策として、短期集中で2か月で一気に取る!と目標を決めて行うことをおススメします。

 

骨格診断の資格取得への最短な方法!独学よりも通信教育が絶対おススメ!まとめ

以上、骨格診断の基礎知識や資格の種類、仕事についてや学び方について述べました。骨格診断は自分や他人の骨格タイプに合わせてファッションやメイクを提案するスキルで、パーソナルカラー診断と並んで人気のある資格です。また、骨格診断の数ある学び方の中でもオンライン講習の受講が最短であると私は考えます。オンライン講習は、自宅で好きな時間に学習できるだけでなく、実践的な演習や質問対応も受けられます。また、オンライン講習は独学よりも安く、効率的かつ短時間で資格取得できるというメリットがあります。骨格診断の資格を取得すれば、自分の魅力を引き出すだけでなく、周りの人にも喜ばれるアドバイスができるようになります。骨格診断の資格取得への最短な方法として、オンライン講習を受けることをおススメします!参考になれば、幸いです。

▼1日30分、最短2か月で骨格診断資格を自宅にいながら取得できます▼
家にいながら簡単に資格取得できる通信講座【諒設計アーキテクトラーニング】

【関連記事】
ファッションセンスがない、磨きたいという人には骨格診断がおススメ