アドラー心理学を勉強したい!勉強法は本?ネット?大学?それともオンラインアドラー心理学検定1級講座で資格取得!

アフィリエイト広告を利用しています

このページにたどりついたあなたはこんな悩みをもっていませんか?

  • 子育てや仕事でストレスを感じており、自分の心の問題を解決したい
  • アドラー心理学は「勇気の心理学」と呼ばれ、自分を変えるためのヒントがあると聞いたことがある
  • アドラー心理学の基本的な考え方や実践方法を知りたい
  • アドラー心理学の資格を取得して、自分の仕事に活かしたり、他人に役立てたりしたい

アドラー心理学とは、人間の行動や感情を理解するための心理学の一派です。アドラー心理学は、自分の人生を自分で決めることができるという考え方に基づいています。アドラー心理学に興味がある方は多いと思いますが、どのように勉強すればいいのでしょうか?本を読む?ネットで調べる?大学で学ぶ?それとも他の方法がある?

この記事では、アドラー心理学とは何か、どのような特徴やメリットがあるか、そしてそれを学ぶためにはどのような方法があるかについてご紹介します。参考になれば、幸いです。

▼講座の受講から資格取得まですべてオンラインで完結!アドラー心理学講座はこちら▼
アドラー心理学検定1級講座|日常に仕事に活かせる!アドラー心理学検定

 

アドラー心理学を一言でいうと

アドラー心理学を一言でいうと、「人間は社会的存在であり、自分の生き方を自ら選択し、自分の目標に向かって努力する」という考え方です。アドラー心理学は、人間の行動や感情は目的論的であり、自分の信念や価値観に基づいて決まると主張しています。アドラー心理学は、人間の本質は協力的であり、他者との関係性や社会的貢献が幸福につながると考えます。

 

アドラー心理学の5つの理論

アドラー心理学の5つの理論とは、人間の心理や行動を理解するための考え方です。アドラー心理学は、オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーが提唱したもので、以下の5つの基本前提に基づいています。

  • 目的論:人間の行動にはすべて目的があり、その目的に向かって自分で選択しているという考え方。
  • 全体論:人間は分割できない一体的な存在であり、心と身体、意識と無意識、感情と思考などは協力して目的を達成するという考え方。
  • 社会統合論:人間は社会的存在であり、すべての問題は対人関係上の問題であるという考え方。
  • 仮想論:人間は自分が相対的に劣っていると感じることで劣等感を抱き、それを補償するために相対的に優れた状態を目指すという考え方。
  • 個人の主体性:人間は自分自身を創造する能力を持ち、自分らしく生きることができるという考え方。

アドラー心理学の5つの理論は、自分や他者を尊重し、勇気を持って幸せに生きるためのヒントを与えてくれます。

 

アドラー心理学を学ぶべき事例

ストレス

アドラー心理学は、日常生活で心が疲れてしまった人を対象とした心理学です。ストレスは多くの人が感じるものですが、その原因や対処法について、アドラー心理学はどのように考えるのでしょうか。

アドラー心理学では、ストレスは外的な要因ではなく、自分の考え方や受け取り方によって生じるものだと考えます。つまり、ストレスは自分でコントロールできるものなのです。そのために必要なのは、次の3つのポイントです。

  1. 承認欲求を捨てる
    承認欲求とは、他人から認められたいという欲求のことです。しかし、承認欲求を持つと、他人の評価に左右されて自分の価値を見失ってしまいます。アドラー心理学では、自分の価値は自分で決めるものであり、他人からの評価に依存しないことが大切だと言います。そのためには、「自分の課題」と「他人の課題」を区別することが必要です。自分の課題とは、自分がコントロールできることであり、他人の課題とは、自分がコントロールできないことです。例えば、仕事で頑張ることは自分の課題ですが、それが評価されるかどうかは他人の課題です。自分の課題に集中し、他人の課題に振り回されないことで、承認欲求を捨てることができます。
  2. 人生は競争ではないことを理解する
    人生は競争ではなく、協力だとアドラー心理学は考えます。人と比べると劣等感や嫉妬を感じてしまいますが、それは自分を不幸にするだけです。アドラー心理学では、他者と比べるのではなく、自分自身を成長させることが重要だと言います。そのためには、「理想の自分」と比べることが有効です。「理想の自分」とは、自分がなりたい姿や目標を具体的にイメージしたものです。「理想の自分」と比べることで、劣等感ではなく、「向上心」を持つことができます。
  3. 他者貢献する
    他者貢献とは、社会やコミュニティに何かを与えることです。アドラー心理学では、他者貢献することで、「共同体感覚」を持つことができると言います。「共同体感覚」とは、自分がコミュニティの一員であると感じられることです。共同体感覚を持つことで、「属する感」や「意義感」を得ることができます。これらはストレスに対抗する力になります。他者貢献する方法はさまざまですが、例えば、家族や友人に感謝の言葉を伝える、職場で協力的な態度をとる、ボランティア活動に参加するなどがあります。

以上が、アドラー心理学の事例:ストレスについての説明です。アドラー心理学は、ストレスを減らすためには、自分の考え方を変えることが必要だと言います。考え方を変えることは簡単ではありませんが、できることから始めてみると、ストレスに負けない強い心を持つことができるかもしれません。

ピラミッド

アドラー心理学は、人間の行動や感情は社会的な関係によって決まるという考え方に基づいた心理学です。アドラー心理学では、人間は自分の属する社会の中で自分の役割や目標を見つけようとすると考えられます。そのため、人間は自分の社会的な位置を高めるために努力するという欲求を持っています。この欲求は「上昇志向」と呼ばれます。

アドラー心理学の事例として、ピラミッドが挙げられます。ピラミッドは古代エジプトの王たちが自分の権力や威厳を示すために建てた巨大な建造物です。ピラミッドは上昇志向の象徴と言えます。王たちは自分の社会的な位置を高めるために、自分の墓としてピラミッドを建てました。また、ピラミッドは王たちが死後も神として崇拝されることを望んだことも表しています。ピラミッドは王たちの自己肯定感や自尊心を満たすために建てられたものです。

アドラー心理学では、上昇志向は人間の本能であり、健全なものです。しかし、上昇志向が過剰になると、人間は他人や社会との調和を失ってしまいます。このような場合、上昇志向は「劣等感」と「優越感」に分かれます。劣等感は自分が社会的に不十分であると感じることであり、優越感は自分が社会的に優れていると感じることです。劣等感や優越感を持つ人間は、他人や社会に対して敵対的な態度を取ります。アドラー心理学では、このような人間を「複合型」と呼びます。

アドラー心理学では、複合型の人間は「共同体感覚」を欠いています。共同体感覚とは、自分と他人や社会が互いに協力し合うことで幸せになれるという感覚です。共同体感覚を持つ人間は、「協調型」と呼ばれます。協調型の人間は、上昇志向を他人や社会の利益にも役立てることができます。アドラー心理学では、協調型の人間が健全な人間であると考えられます。

アドラー心理学では、複合型から協調型へと変わることが可能です。そのためには、「個人心理療法」という方法が用いられます。個人心理療法では、カウンセラーがクライエントの劣等感や優越感を明らかにし、それらがどのように形成されたかを探ります。そして、カウンセラーがクライエントに共同体感覚を育むように助言します。個人心理療法では、クライエントが自分の社会的な位置を高めるために、自分の能力や才能を発揮することを目指します。

嫌われる勇気の名言

アドラー心理学:嫌われる勇気の名言

アドラー心理学とは、人間の心理を勇気の観点から捉える学問です。アドラー心理学の代表的な本として、『嫌われる勇気』があります。この本は、アドラー心理学の基本的な考え方を分かりやすく伝えています。ここでは、『嫌われる勇気』から抜粋した名言を紹介します。

  • 「人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。」
  • 「あなたが変われないでいるのは、自らに対して『変わらない』という決心を下しているからなのです。」
  • 「人は誰しも、客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味づけをほどこした主観的な世界に住んでいます。」
  • 「誰とも競争することなく、ただ前を向いて歩いていけばいいのです。もちろん、他者と自分を比較する必要もありません。」
  • 「人は対人関係のなかで『わたしは正しいのだ』と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れているのです。」
  • 「自分が正しいと思うのなら、他の人がどんな意見であれ、そこで完結すべきです。」
  • 「ほめられることでしか幸せを実感できない人は、他者からの承認に依存しています。それは依存です。」
  • 「世界とは、ただ『わたし』によってしか変わりえないのです。」

これらの名言は、アドラー心理学のエッセンスを表しています。アドラー心理学は、自分の責任感や勇気を高めることで、幸せに生きるためのヒントを与えてくれます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

アドラー心理学の勉強方法

大学で学びたい

アドラー心理学を学べる大学は、日本ではまだ少ないですが、いくつかの大学で専攻や講座が開講されています。例えば、東京都立大学の人間科学部では、アドラー心理学を基礎とした「人間関係論」や「コミュニティ心理学」などの科目があります。また、京都大学の教育学部では、アドラー心理学の研究者である中村正治教授が「教育心理学」や「教育相談」などの授業を担当しています。さらに、大阪市立大学の人間社会学部では、アドラー心理学の専門家である横山裕之教授が「人間関係論」や「カウンセリング」などの講義を行っています。これらの大学では、アドラー心理学の理論や実践を深く学ぶことができます。

独学で学びたい

アドラー心理学を独学で学ぶには、いくつかの方法があります。まず、アドラー心理学の基本的な概念や理論を理解するために、本やオンラインの資料を読むことです。例えば、アドラー心理学の創始者であるアルフレッド・アドラーの著書や、彼の弟子であるルドルフ・ドライカースやハイム・ギノットの著書などがおすすめです。また、アドラー心理学に関する動画やポッドキャストも多くありますので、それらを視聴することも有効です。

次に、アドラー心理学を実践するために、自分自身や他者との関係について考えてみることができます。アドラー心理学では、人間は社会的存在であり、コミュニティに属することで幸せになると考えます。そのため、自分の生活目的や価値観、感情や行動の原因や目的を探求することが重要です。また、他者との対話や協力を通じて、自分の立場や役割を認識し、共感や尊重を育むことも大切です。

最後に、アドラー心理学を深めるために、専門家や仲間と交流することができます。アドラー心理学は、個人だけでなくグループや組織にも応用できる心理学です。そのため、アドラー心理学に関心のある人たちと研究会や勉強会に参加したり、オンラインのコミュニティサロンに参加したりすることで、知識や経験を共有したり、フィードバックを得たりすることができます。

以上のように、アドラー心理学を独学で学ぶには、読む・考える・交流するという3つのステップがあります。これらを繰り返すことで、アドラー心理学の精神を身につけることができるでしょう。

 

独学をサポートするオンラインサービス|アドラー心理学講座

上記の独学をサポートするオンラインサービスも存在します。気になる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アドラー心理学では「人間の悩みはすべて対人関係である」としており、
この講座では、その悩みの根源を知り、幸せへの一歩を踏み出す方法が学べます。

【講座の特徴】

  1. オンライン講座だからいつでもどこでも!自分の生活スタイルに合わせた学習が可能
  2. オンライン講座だから実現可能に!低予算・短期間で資格取得が目指せる
  3. 医療現場で必要とされる統合医療の知識に特化。日本統合医学協会が監修する幅広い知識が学べる。
  4. 講座修了後には、スキルアップや独立開業に役立てられる日本統合医学協会の資格取得が目指せる。

こんな方におススメ!

  • 自分や家族の健康の為にセルフケアに役立つ学びをしたい方
  • 人のために役立つ統合医療の知識を学び、自身の仕事に活かしていきたい方
  • 好きなこと、興味関心のある分野で資格を取得をして自信をつけたい方
  • コロナなどの感染症対策として、免疫力アップ、健康向上など強い体づくりを行いたい方

▼講座の受講から資格取得まですべてオンラインで完結!アドラー心理学講座はこちら▼
アドラー心理学検定1級講座|日常に仕事に活かせる!アドラー心理学検定

 

アドラー心理学を勉強したい!勉強法は本?ネット?大学?それともオンラインアドラー心理学検定1級講座で資格取得!まとめ

この記事では、アドラー心理学とは何か、どのような特徴やメリットがあるか、そしてそれを学ぶためにはどのような方法があるかについて紹介しました。アドラー心理学は、人間の心と行動の問題を解決に導く実践的な考え方であり、自分や他者との関係性を改善するために役立ちます。アドラー心理学を学ぶ方法としては、本やネットで基礎知識を身につけることや、大学や専門機関で講座や研修を受けることなどがあります。自分の目的やレベルに合わせて、最適な勉強法を選ぶことが重要です。アドラー心理学は、幸せに生きるための心理学です。ぜひ、興味のある方は挑戦してみてください。

 

▼講座の受講から資格取得まですべてオンラインで完結!アドラー心理学講座はこちら▼
アドラー心理学検定1級講座|日常に仕事に活かせる!アドラー心理学検定

 

▼関連記事▼
自己意識の過剰から解放され、幸せな人生を送る方法