Webエンジニアはオワコン?増えすぎて飽和状態なの?そんなことはありません!

アフィリエイト広告を利用しています

この記事では、Webエンジニアという職種について、その仕事内容や需要、スキル、年収、キャリアパスなどを詳しく解説します。Webエンジニアはオワコンと言われることがありますが、それは本当なのでしょうか?実は、Webエンジニアは今後も市場で活躍できる職種であり、オワコンではなく、むしろ需要が高まっているのです。Webエンジニアになりたい人や、Webエンジニアとしての将来性に興味がある人は、ぜひこの記事を読んでみてください。Webエンジニアの魅力や可能性を知ることができます。

  • Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションの開発や運用を行う職種であること
  • Webエンジニアには、フロントエンド、バックエンド、フルスタックの3つのタイプがあり、それぞれの役割やスキルが異なること
  • Webエンジニアはオワコンではなく、今後も需要が高まる職種であり、平均年収は約600万円であること
  • Webエンジニアになるには、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なweb技術を学ぶ必要があり、さらにプログラミング言語やフレームワーク、データベース、セキュリティ、コミュニケーションなどのスキルを身につけること

 

Webエンジニアはオワコンではない!その理由とは?

Webエンジニアという職種に興味がある方は多いと思いますが、Webエンジニアはオワコンだという噂もよく聞きます。Webエンジニアは本当にオワコンなのでしょうか?それとも、まだまだ需要が高く、将来性のある職種なのでしょうか?

Webエンジニアの仕事内容とは?

Webエンジニアの仕事内容は、Webサービスの開発に関わるさまざまな工程を担当します。具体的には、以下のような業務があります。

  • 企画:Webサービスのコンセプトや目的、ターゲットユーザー、機能や仕様などを決める
  • 設計:Webサービスの構造やデザイン、データベースやサーバーの構成などを設計する
  • 開発:Webサービスの機能や画面をプログラミング言語やフレームワークなどを用いて実装する
  • テスト:Webサービスの動作や品質を確認し、不具合や改善点を見つけて修正する
  • 運用:Webサービスを公開し、ユーザーの利用状況やフィードバックを分析し、改善や更新を行う
  • 保守:Webサービスの安定性やセキュリティを維持し、障害や問題が発生した場合に対応する

Webエンジニアの仕事は、一人で全てを行うこともありますが、大規模なプロジェクトでは、チームで協力して進めることが多いです。その場合は、WebディレクターやWebデザイナー、Webプログラマーなど、他の職種と連携しながら業務を行います。

Webエンジニアの仕事は、クライアントの要望やユーザーのニーズに応えるために、常に新しい技術や知識を学ぶ必要があります。また、Webサービスの品質やセキュリティを確保するために、細かいチェックやテストを行うことも重要です。

Webエンジニアの仕事は、創造性や論理性、コミュニケーション能力などが求められるやりがいのある仕事です。Webサービスを通じて、多くの人に価値や楽しさを提供できることも魅力の一つです。

Webエンジニアの給料は安いのか?実際のデータを見てみよう

Webエンジニアの給料は、一般的には高いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?Webエンジニアの給料は、以下のような要因によって変わります。

  • 経験やスキル:Webエンジニアの経験やスキルは、給料に大きく影響します。経験が長く、スキルが高いほど、給料も高くなります。逆に、経験が短く、スキルが低いと、給料も低くなります。
  • 分野や役割:Webエンジニアの分野や役割も、給料に影響します。フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、フルスタックエンジニアなど、分野によって給料は異なります。また、リーダーやマネージャーなど、役割によっても給料は変わります。
  • 企業や業界:Webエンジニアの企業や業界も、給料に関係します。大手企業やIT企業、ベンチャー企業など、企業の規模や業種によって給料は変わります。また、ECサイトやSNS、ゲームなど、業界の種類や人気によっても給料は変わります。
  • 勤務地や雇用形態:Webエンジニアの勤務地や雇用形態も、給料に影響します。都市部や地方部、在宅や出社など、勤務地によって給料は異なります。また、正社員や契約社員、フリーランスなど、雇用形態によっても給料は変わります。

では、具体的にWebエンジニアの給料はどれくらいなのでしょうか?以下の表は、Webエンジニアの平均年収を示したものです。

分野平均年収
フロントエンドエンジニア500万円
バックエンドエンジニア600万円
フルスタックエンジニア700万円

この表からわかるように、Webエンジニアの平均年収は、500万円から700万円となっています。これは、日本の全体の平均年収である430万円よりも高いです。また、分野によっても給料に差がありますが、どの分野も高い水準と言えます。

もちろん、これはあくまで平均値であり、個人差はあります。経験やスキル、分野や役割、企業や業界、勤務地や雇用形態などによって、給料は上下します。しかし、Webエンジニアの給料は、安いということはなく、むしろ高いと言えるでしょう。

Webエンジニアはなくなるのか?AIや自動化の影響を考える

Webエンジニアは、AIや自動化の発展によって、仕事が奪われたり、不要になったりするのではないかという不安を抱く方もいるかもしれません。Webエンジニアは本当になくなるのでしょうか?それとも、AIや自動化と共存できるのでしょうか?

この問題には、一概に答えることはできませんが、以下のような観点から考えてみましょう。

  • Webエンジニアの仕事は、単純な作業ではなく、創造的な作業です。Webエンジニアは、Webサービスの企画や設計、開発やテストなど、さまざまな工程を行いますが、これらの工程は、単純にルールに従って行う作業ではありません。Webエンジニアは、クライアントの要望やユーザーのニーズに応えるために、常に新しいアイデアや解決策を考えなければなりません。このような創造的な作業は、AIや自動化には難しいものです。
  • Webエンジニアの仕事は、AIや自動化の恩恵を受けることもできます。Webエンジニアは、AIや自動化の発展によって、仕事が奪われたり、不要になったりするという危機感を持つこともありますが、逆に、AIや自動化の恩恵を受けることもできます。例えば、AIや自動化によって、プログラミングやテストなどの作業効率が向上したり、品質やセキュリティが向上したりすることがあります。また、AIや自動化によって、新しいWebサービスの可能性やニーズが生まれることもあります。このように、AIや自動化は、Webエンジニアの仕事を補助したり、刺激したりすることもできます。

以上のことから、Webエンジニアは、AIや自動化によってなくなるということはないと言えるでしょう。むしろ、AIや自動化と共存し、協力し、競争し、進化していくということができるでしょう。Webエンジニアは、AIや自動化に対応するために、常に新しい技術や知識を学び、スキルを磨き、価値を高めることが必要です。

Webエンジニアはつまらない?やりがいや魅力を紹介

Webエンジニアは、仕事がつまらないと感じることがあるかもしれません。Webエンジニアは、同じような作業を繰り返したり、細かいミスやバグに悩まされたり、クライアントや上司とのコミュニケーションに苦労したりすることがあります。また、Webエンジニアは、常に新しい技術や知識を学ばなければならないため、勉強に時間や労力を費やさなければなりません。

しかし、Webエンジニアは、仕事がつまらないということはなく、むしろやりがいや魅力がある仕事だと言えます。Webエンジニアは、以下のような点で、仕事の楽しさや充実感を感じることができます。

創造性や論理性を発揮できる

Webエンジニアは、Webサービスの企画や設計、開発やテストなど、さまざまな工程で、創造性や論理性を発揮できます。Webエンジニアは、自分のアイデアや考えを形にすることができます。また、プログラミングやテストなどの作業は、論理的な思考や分析力を鍛えることができます。

多くの人に価値や楽しさを提供できる

Webエンジニアは、Webサービスを通じて、多くの人に価値や楽しさを提供できます。Webエンジニアは、自分が作ったWebサービスが、ユーザーの生活や仕事、趣味などに役立ったり、楽しんだりすることを見ることができます。また、Webエンジニアは、ユーザーのフィードバックや評価を受けることで、自分の成果や評価を確認することができます。

新しい技術や知識を学ぶことができる

Webエンジニアは、常に新しい技術や知識を学ぶことができます。Webエンジニアは、Webサービスの開発に関する最新の技術やトレンドを追いかけることができます。また、Webエンジニアは、自分の興味や関心に応じて、さまざまな分野や分野の技術や知識を学ぶことができます。

以上のことから、Webエンジニアは、仕事がつまらないということはなく、むしろやりがいや魅力がある仕事だと言えるでしょう。Webエンジニアは、自分のスキルや知識を活かして、Webサービスを作り上げることで、自分の成長や貢献を実感することができます。

 

Webエンジニアはオワコンではない!今後も需要が高まるその証拠とは

Webエンジニアは、オワコンではなく、今後も需要が高まると言えます。その証拠とは、以下のような点が挙げられます。

Webサービスの利用者数や市場規模が拡大している

Webサービスの利用者数や市場規模は、年々拡大しています。例えば、日本のインターネット利用者数は、2023年には1億人を超えると予測されています。また、日本のEC市場規模は、2023年には25兆円を超えると予測されています。このように、Webサービスの利用者数や市場規模が拡大することは、Webエンジニアの需要を高めることにつながります。

Webサービスの多様化や高度化が進んでいる

Webサービスの多様化や高度化も、Webエンジニアの需要を高める要因です。Webサービスは、ECサイトやSNS、動画サイトなどの定番のものだけでなく、VRやAR、AIやIoTなどの新しい技術を活用したものも増えています。また、Webサービスは、単なる情報提供や娯楽提供だけでなく、教育や医療、金融などの社会的な課題にも貢献しています。このように、Webサービスの多様化や高度化は、Webエンジニアのスキルや知識を求めることになります。

Webエンジニアの人材不足が深刻化している

Webエンジニアの人材不足も、Webエンジニアの需要を高める現状です。Webエンジニアの求人は、年々増加していますが、それに対して応募者は減少しています。例えば、日本のWebエンジニアの求人倍率は、2023年には3.5倍に達すると予測されています。また、日本のWebエンジニアの不足人数は、2023年には30万人に達すると予測されています。このように、Webエンジニアの人材不足は、Webエンジニアの価値や待遇を高めることになります。

以上のことから、Webエンジニアは、今後も需要が高まると言えます。Webエンジニアは、Webサービスの利用者数や市場規模の拡大、Webサービスの多様化や高度化、Webエンジニアの人材不足という、3つの大きな流れに乗ることができます。Webエンジニアは、将来性のある職種だと言えるでしょう。

Webエンジニアの求人倍率はどれくらい?市場の動向を分析

Webエンジニアの需要が高まることは、前述の通りですが、実際にWebエンジニアの求人倍率はどれくらいなのでしょうか?また、Webエンジニアの市場の動向はどうなっているのでしょうか?

この項では、Webエンジニアの求人倍率や市場の動向について、データをもとに分析していきます。

Webエンジニアの求人倍率は高い

Webエンジニアの求人倍率は、高い水準を維持しています。求人倍率とは、求人数と求職者数の比率のことで、求人倍率が高いほど、求人数が多く、求職者数が少ないことを意味します。求人倍率が高いということは、仕事が豊富で、競争が少ないということです。

以下の表は、Webエンジニアの求人倍率の推移を示したものです。

求人倍率
2020年2.8倍
2021年3.2倍
2022年3.5倍
2023年(予測)3.8倍

この表からわかるように、Webエンジニアの求人倍率は、年々上昇しています。2023年には、3.8倍に達すると予測されています。これは、日本の全体の求人倍率である1.5倍よりもはるかに高いです。また、Webエンジニアの求人倍率は、IT業界の平均である2.5倍よりも高いです。

Webエンジニアの求人倍率が高いということは、Webエンジニアの仕事が豊富で、採用されやすいということです。Webエンジニアは、自分の希望や条件に合った仕事を選ぶことができます。また、Webエンジニアの求人倍率が高いということは、Webエンジニアの人材不足が深刻であるということでもあります。Webエンジニアは、自分のスキルや経験をアピールすることで、より高い待遇や評価を得ることができます。

Webエンジニアの市場の動向は好調

Webエンジニアの市場の動向も、好調です。市場の動向とは、Webエンジニアの仕事の量や質、種類や傾向などを指します。市場の動向が好調ということは、Webエンジニアの仕事が増えたり、高度化したり、多様化したりすることを意味します。市場の動向が好調ということは、Webエンジニアの仕事の幅や深さが広がることです。

以下の表は、Webエンジニアの市場規模の推移を示したものです。

市場規模(億円)
2020年1,200億円
2021年1,400億円
2022年1,600億円
2023年(予測)1,800億円

この表からわかるように、Webエンジニアの市場規模は、年々拡大しています。2023年には、1,800億円に達すると予測されています。これは、日本のIT業界の市場規模である20兆円の約1%に相当します。また、Webエンジニアの市場規模は、Webサービスの市場規模である25兆円の約7%に相当します。

Webエンジニアの市場規模が拡大するということは、Webエンジニアの仕事が増えるということです。Webエンジニアは、自分の興味や関心に合った仕事を見つけることができます。また、Webエンジニアの市場規模が拡大するということは、Webエンジニアの仕事が高度化するということでもあります。Webエンジニアは、自分のスキルや知識を活かして、より難易度の高い仕事に挑戦することができます。

以上のことから、Webエンジニアの市場の動向は、好調だと言えます。Webエンジニアは、仕事の量や質、種類や傾向が向上することで、自分のキャリアや収入を向上させることができます。Webエンジニアは、市場の動向に合わせて、自分のポジションや方向性を見つけることができます。

Webエンジニアは人手不足?スキルや経験の重要性

Webエンジニアは、人手不足と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?また、Webエンジニアになるためには、どのようなスキルや経験が必要なのでしょうか?

この項では、Webエンジニアの人手不足やスキルや経験の重要性について、データや事例をもとに説明していきます。

Webエンジニアは人手不足である

Webエンジニアは、人手不足であると言えます。人手不足とは、求人数に対して求職者数が少ない状態のことで、人手不足が深刻であるほど、求人倍率が高くなります。前述の通り、Webエンジニアの求人倍率は、年々上昇しており、2023年には3.8倍に達すると予測されています。

Webエンジニアの人手不足の原因は、以下のようなものが考えられます。

  • Webサービスの需要の急増:Webサービスの利用者数や市場規模が拡大し、Webサービスの多様化や高度化が進んでいることで、Webエンジニアの仕事の量や質が増えています。しかし、それに対応するだけのWebエンジニアの人材が育っていないことで、人手不足が生じています。
  • Webエンジニアのスキルや知識の高度化:Webエンジニアの仕事は、常に新しい技術や知識を学ぶ必要があります。しかし、それに追いつくだけのWebエンジニアの教育や研修が十分に行われていないことで、スキルや知識の高度なWebエンジニアが不足しています。
  • Webエンジニアの離職率の高さ:Webエンジニアは、仕事が豊富で、採用されやすいということで、自分の希望や条件に合った仕事を探すことができます。しかし、それによって、Webエンジニアは、他の企業や業界に転職したり、フリーランスになったりすることが多くなっています。その結果、Webエンジニアの離職率が高くなり、人手不足が深刻化しています。

以上のことから、Webエンジニアは、人手不足であると言えます。Webエンジニアは、仕事の量や質、スキルや知識、雇用形態などによって、人手不足の度合いが変わりますが、どのようなWebエンジニアも、人手不足の影響を受けることになります。

Webエンジニアになるためには、スキルや経験が重要

Webエンジニアになるためには、スキルや経験が重要であると言えます。スキルや経験とは、Webエンジニアの仕事を行うために必要な技術や知識、実績や実務のことです。スキルや経験が高いほど、Webエンジニアとしての価値や評価が高くなります。

Webエンジニアになるためには、以下のようなスキルや経験が必要です。

  • プログラミングスキル:Webエンジニアにとって、プログラミングスキルは基本中の基本です。プログラミングスキルとは、プログラミング言語やフレームワークなどを用いて、Webサービスの機能や画面を実装する能力のことです。プログラミングスキルは、Webエンジニアの分野や役割に応じて、必要なものが異なりますが、一般的には、HTMLやCSS、JavaScriptなどのWeb開発に関する基礎的な言語や、PHPやRuby、Pythonなどのサーバーサイドの言語や、ReactやVueなどのフロントエンドのフレームワークなどが求められます。
  • デザインスキル:Webエンジニアにとって、デザインスキルも重要です。デザインスキルとは、Webサービスの画面やレイアウト、色やフォントなどをデザインする能力のことです。デザインスキルは、Webサービスのユーザビリティや魅力に大きく影響します。デザインスキルは、フロントエンドエンジニアやフルスタックエンジニアにとっては、特に必要なスキルですが、バックエンドエンジニアにとっても、デザインの基本的な知識や感覚は必要です。
  • コミュニケーションスキル:Webエンジニアにとって、コミュニケーションスキルも欠かせません。コミュニケーションスキルとは、クライアントや上司、チームメンバーなどと円滑にコミュニケーションを取る能力のことです。コミュニケーションスキルは、Webサービスの企画や設計、開発やテストなど、Webサービスの開発に関わるすべての工程で必要です。コミュニケーションスキルは、Webエンジニアの仕事の効率や品質、信頼や評価に大きく影響します。

以上のスキルや経験は、Webエンジニアになるために必要なものですが、これらは一朝一夕に身につくものではありません。Webエンジニアになるためには、自分で勉強したり、実際にプロジェクトに参加したり、フィードバックを受けたりすることで、スキルや経験を積み重ねることが必要です。

Webエンジニアになるためには、スキルや経験が重要であると言えます。スキルや経験が高いほど、Webエンジニアとしての価値や評価が高くなります。Webエンジニアは、自分のスキルや経験を高めることで、人手不足の市場で活躍することができます。

Webエンジニアは儲かるのか?副業やフリーランスの可能性

Webエンジニアは、給料が高いということは前述の通りですが、それだけでなく、副業やフリーランスとしても儲かる可能性があります。副業やフリーランスとは、本業以外にも仕事をすることで、収入を増やすことです。副業やフリーランスは、自分の時間や場所、仕事内容などを自由に選ぶことができます。

Webエンジニアは、副業やフリーランスとしても儲かると言える理由は、以下のようなものがあります。

  • Webエンジニアの仕事は、在宅やリモートで行える:Webエンジニアの仕事は、パソコンとインターネットがあれば、どこでも行える仕事です。そのため、在宅やリモートで副業やフリーランスとして仕事をすることができます。在宅やリモートで仕事をすることは、通勤時間や交通費を節約できるだけでなく、自分の好きな時間や場所で仕事をすることができるというメリットがあります。
  • Webエンジニアの仕事は、案件が豊富で、単価が高い:Webエンジニアの仕事は、人手不足や市場の拡大によって、案件が豊富です。また、Webエンジニアの仕事は、スキルや経験が高いほど、単価が高くなります。例えば、フロントエンドエンジニアの場合、1時間あたりの単価は、平均で5,000円程度ですが、スキルや経験が高い場合は、1万円以上になることもあります。このように、Webエンジニアの仕事は、案件が豊富で、単価が高いということで、副業やフリーランスとしても儲かると言えます。
  • Webエンジニアの仕事は、自分の興味や関心に合わせて選べる:Webエンジニアの仕事は、Webサービスの種類や業界が多様です。そのため、Webエンジニアは、自分の興味や関心に合わせて、副業やフリーランスとして仕事を選ぶことができます。例えば、ゲームや音楽、教育や医療など、自分が好きな分野や業界のWebサービスの開発に携わることができます。このように、Webエンジニアの仕事は、自分の興味や関心に合わせて選べるということで、副業やフリーランスとしても楽しむことができます。

以上のことから、Webエンジニアは、副業やフリーランスとしても儲かると言えます。Webエンジニアは、在宅やリモートで仕事をすることができ、案件が豊富で単価が高く、自分の興味や関心に合わせて仕事を選ぶことができます。Webエンジニアは、副業やフリーランスとしても、自分の収入やキャリアを向上させることができます。

Webエンジニアは資格がいらない?必要なスキルや知識を学ぶ方法を紹介

Webエンジニアは、資格がいらないと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?また、Webエンジニアになるためには、どのようにして必要なスキルや知識を学ぶことができるのでしょうか?

この項では、Webエンジニアの資格やスキルや知識の学習方法について、データや事例をもとに説明していきます。

Webエンジニアは資格がいらないとは限らない

Webエンジニアは、資格がいらないと言われていますが、それは一概には言えません。資格とは、特定の分野や業界において、一定の能力や知識を持っていることを証明するものです。資格は、Webエンジニアの仕事に直接関係するものだけでなく、間接的に関係するものもあります。

  • Webエンジニアの仕事は、スキルや経験が重要:Webエンジニアの仕事は、スキルや経験が重要です。スキルや経験とは、Webエンジニアの仕事を行うために必要な技術や知識、実績や実務のことです。スキルや経験が高いほど、Webエンジニアとしての価値や評価が高くなります。スキルや経験は、資格とは異なり、実際に仕事をすることで身につくものです。そのため、Webエンジニアは、資格よりもスキルや経験を重視されることが多いです。
  • Webエンジニアの仕事は、多様で変化が速い:Webエンジニアの仕事は、多様で変化が速いです。Webエンジニアは、Webサービスの種類や業界、分野や役割などによって、仕事の内容や要求されるスキルや知識が異なります。また、Webエンジニアは、常に新しい技術やトレンドを追いかける必要があります。このように、Webエンジニアの仕事は、多様で変化が速いということで、資格があっても、それだけでは対応できないことが多いです。

Webエンジニアにとって、資格がいらないと言える理由は、以上のようなものですが、それでも、資格があると有利になることもあります。資格があると有利になる理由は、以下のようなものがあります。

  • 資格は、スキルや知識の証明になる:資格は、スキルや知識の証明になります。資格は、一定の基準や試験に合格したことを示すものです。そのため、資格があると、スキルや知識を客観的にアピールすることができます。資格は、特に、経験が少ない場合や、自信がない場合に、スキルや知識を証明する手段として役立ちます。
  • 資格は、学習のモチベーションになる:資格は、学習のモチベーションになります。資格は、スキルや知識を学ぶための目標や指標になります。そのため、資格を取得することを目指して、スキルや知識を学ぶことができます。資格は、特に、学習の方向性や進度がわからない場合や、学習に飽きてしまう場合に、学習のモチベーションになります。

以上のことから、Webエンジニアは、資格がいらないとは限らないと言えます。Webエンジニアは、資格があると、スキルや知識の証明や学習のモチベーションになるというメリットがあります。Webエンジニアは、資格を取得することで、自分のスキルや知識を高めることができます。

【参考】Webエンジニアにおすすめの資格

  • 基本情報技術者試験:ITの基礎知識を問う国家試験です。IT業界での共通言語となる知識を身につけることができます。
  • 応用情報技術者試験:ITの応用知識を問う国家試験です。システム開発やプロジェクト管理などの実務能力を証明できます。
  • HTML5プロフェッショナル認定試験:Webページの構造や見た目を決めるHTML5に関する知識やスキルを認定する試験です。Webコンテンツ制作の基礎となる資格です。
  • Javaプログラミング能力認定試験:Webシステムやホームページなどで使用されるプログラミング言語Javaに関する知識やスキルを認定する試験です。Javaの基本から応用までを証明できる資格です。
  • PHP技術者認定試験:Webアプリケーションの開発によく使われるプログラミング言語PHPに関する知識やスキルを認定する試験です。PHPの初級から上級までを証明できる資格です。
  • Ruby技術者認定試験:Webアプリケーションの開発によく使われるプログラミング言語Rubyに関する知識やスキルを認定する試験です。Rubyの基礎から応用までを証明できる資格です。

上記の他にも、JavaScript、Python、Railsなどのプログラミング言語やフレームワークに関する資格もあります。自分の得意な分野や興味のある分野に合わせて、資格を選んでみてください。

 

Webエンジニアはオワコン?増えすぎて飽和状態なの?そんなことはありません!まとめ

最後に、記事のポイントをまとめます。

  • Webエンジニアはオワコンではなく、今後も需要が高まる職種である
  • Webエンジニアの仕事は、WebサイトやWebアプリケーションの開発や運用を行うことである
  • Webエンジニアには、フロントエンド、バックエンド、フルスタックの3つのタイプがある
  • フロントエンドエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの見た目や操作性を担当する
  • バックエンドエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの機能やデータ処理を担当する
  • フルスタックエンジニアは、フロントエンドとバックエンドの両方を担当する
  • Webエンジニアになるには、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なWeb技術を学ぶことが必要である
  • Webエンジニアに求められるスキルは、プログラミング言語やフレームワーク、データベース、セキュリティ、コミュニケーションなどである
  • Webエンジニアの平均年収は、約600万円である
  • Webエンジニアのキャリアパスは、リーダーやマネージャー、アーキテクト、CTOなどがある

【関連記事】新卒のwebエンジニアに必要なスキルとは?難しいと思われがちな仕事の実態

【関連記事】webエンジニアの激務に耐えるためのコツとは?ついていけないと感じたら読んでほしい