営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!

アフィリエイト広告を利用しています

営業職に興味がある方は、ノルマなしの求人に惹かれることが多いでしょう。しかし、ノルマなしという言葉には、注意すべき裏の意味が隠されている場合があります。この記事では、営業職ノルマなしの本当の意味と、そのメリットとデメリットを徹底解説します。

 

営業職ノルマなしの本当の意味とは?

営業職ノルマなしは嘘ではありませんが、その内容を正しく理解しておくことが重要です。

営業職ノルマなしとは、文字通り、営業職員に対して、売上や契約数などの数値目標を設定しないということです。しかし、これは必ずしも営業職員にとって有利な状況とは限りません。なぜなら、ノルマがないからといって、営業活動に対する評価や報酬がないわけではないからです。

営業職ノルマなしの場合、どのように評価されるのでしょうか?一般的には、以下のような方法で評価されます。

  • 個人の能力や成果に応じて柔軟に評価する
  • 営業活動の質やプロセスを重視する
  • 顧客満足度やリピート率などの指標を用いる
  • チームワークや貢献度を考慮する

これらの評価方法は、ノルマに縛られずに自由に営業活動ができるというメリットがあります。しかし、一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • 評価基準が明確でなく、不公平感や不安感が生じる
  • 報酬が低くなる可能性がある
  • 自己管理能力や自主性が求められる
  • モチベーションが下がる可能性がある

営業職ノルマなしは嘘ではありませんが、その内容を正しく理解しておくことが重要です。営業職ノルマなしと謳っている求人に応募する前には、自分の性格や目標に合っているかどうかをしっかり考えましょう。

企業側が営業職ノルマなしと謳っている理由・メリットデメリット

企業側が営業職ノルマなしと謳って求人しているのには理由があります。それは企業側と働く側にもメリットがある見方になります。

メリット1:働く側の自由度が高い

まず、ノルマがないということは、営業職の方々に自由度が高いということです。営業職の方々は、自分のスタイルやペースで仕事を進めることができます。また、自分の得意な分野や興味のある分野に特化して営業活動を行うことができます。これにより、営業職の方々は、自分のやりがいや成長を感じることができます。

メリット2:お客様にも良い影響がある

次に、ノルマがないということは、お客様に対しても良い影響があるということです。営業職の方々は、ノルマに追われることなく、お客様のニーズや課題にじっくりと向き合うことができます。また、お客様に無理な提案や契約を強要することもありません。これにより、お客様との信頼関係を築くことができます。

メリット3:会社にも良い影響が働く

最後に、ノルマがないということは、会社全体にも良い影響があるということです。営業職の方々は、ノルマに縛られることなく、自分のアイデアや工夫を発揮することができます。また、他部署や他社との協力や連携もスムーズに行うことができます。これにより、会社のサービスや商品の品質や価値を高めることができます。

以上、営業職ノルマなしと言っている会社がなぜそのように謳っているのか、理由をご紹介しました。このように、営業職の方々にノルマを課すことなく、自分らしく働ける環境を提供している会社もあります。しかしながら、ノルマなしで働くということは、デメリットもあるのでそちらもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

デメリット1:モチベーションの低下

ノルマがないということは、目標がないということです。目標がなければ、達成感や成長感を得ることが難しくなります。また、ノルマがないと、自分の成果や評価が明確にならないため、やる気や自信を失う可能性もあります。営業職は、常に自分を奮い立たせることが重要ですが、ノルマなしではそれが難しくなるでしょう。

デメリット2:競争力の低下

ノルマがないということは、競争がないということです。競争がなければ、自分のレベルや市場の動向を把握することが難しくなります。また、競争がないと、自分のスキルや知識を向上させる必要性を感じなくなるかもしれません。営業職は、常に自分を磨くことが重要ですが、ノルマなしではそれが難しくなるでしょう。

デメリット3:収入の低下

ノルマがないということは、インセンティブがないということです。インセンティブがなければ、自分の収入は基本給だけに依存することになります。基本給だけでは、生活費や将来のための貯蓄に不安を感じるかもしれません。また、インセンティブがないと、自分の努力や成果に対する報酬感を得ることが難しくなります。営業職は、常に自分の価値を高めることが重要ですが、ノルマなしではそれが難しくなるでしょう。

以上のように、営業職のノルマなしにはデメリットも多くあります。もちろん、ノルマだけに囚われてストレスを感じるのも良くありません。しかし、ノルマは営業職において必要不可欠なものであることは間違いありません。ノルマを設定することで、自分の目標や方向性を明確にし、自分の能力や収入を高めることができます。営業職に就くならば、ノルマに挑戦する姿勢を持つことも大切です。

営業ノルマがある仕事に向いている人

営業ノルマがある会社に向いている人とはどんな人でしょうか。営業職は、自分の商品やサービスをお客様に提案し、契約を獲得する仕事です。営業職には、個人の能力や努力が直接結果に反映されるという魅力がありますが、同時に、ノルマというプレッシャーもあります。ノルマある会社に向いている人は、以下のような特徴を持っていると言えるでしょう。

  • 目標達成に対する強い意欲と責任感がある
  • ノルマを達成するために、自分で計画を立てて実行できる
  • チームワークやコミュニケーション能力が高い
  • ネガティブなフィードバックや失敗にめげずに、前向きに学び続けられる
  • お客様のニーズや市場の動向に敏感で、柔軟に対応できる

営業職ノルマある会社に向いている人は、上記のような特徴を持っています。もし、あなたがこれらの特徴に当てはまると感じたら、営業職ノルマある会社で活躍できる可能性が高いと言えるでしょう。逆に、これらの特徴に自信がない場合は、営業職ノルマある会社ではストレスを感じやすくなります。自分の性格や適性をよく知り、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

 

営業ノルマがない仕事に向いている人

営業ノルマがない会社に向いている人とはどんな人でしょうか?営業ノルマというのは、営業職の人が一定期間内に達成しなければならない売上や契約数の目標です。営業ノルマがあると、営業職の人は常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。一方、営業ノルマがない会社では、営業職の人は自分のペースで仕事を進めることができます。しかし、営業ノルマがないからといって、仕事が楽になるというわけではありません。営業ノルマがない会社に向いている人は、以下のような特徴を持っている必要があります。

自己管理能力が高い

営業ノルマがない会社では、上司や同僚からの指示や監督が少なくなります。そのため、自分で仕事の計画やスケジュールを立てたり、進捗や成果を管理したりする能力が求められます。自己管理能力が低いと、仕事に対するモチベーションや集中力が低下したり、成果が出なかったりするリスクが高まります。

積極的に学ぶ姿勢がある

営業ノルマがない会社では、自分の成長やスキルアップに責任を持つ必要があります。営業ノルマがある会社では、目標達成のために必要な知識や技術を教えてもらったり、研修やセミナーに参加したりする機会が多くあります。しかし、営業ノルマがない会社では、そうした機会は少なくなります。そのため、自分で市場や顧客のニーズを調査したり、最新の情報やトレンドをキャッチアップしたり、自己啓発のために本を読んだりする姿勢が必要です。

長期的な視点を持つ

営業ノルマがない会社では、短期的な売上や契約数よりも、長期的な顧客満足度や信頼関係を重視します。そのため、営業職の人は、顧客のニーズや課題を深く理解し、最適なソリューションを提案し、アフターフォローもしっかり行うことが求められます。また、顧客との関係を継続的に育てることで、リピートや紹介のビジネスチャンスも増えます。営業ノルマがない会社に向いている人は、短期的な数字に惑わされずに、長期的なビジョンを持って仕事をすることができます。

以上のように、営業ノルマがない会社に向いている人は、自己管理能力や学習意欲、長期的な視点を持っている人です。営業ノルマがある会社と比べて、自由度や裁量権が高い分、自分の力を発揮しやすい環境です。しかし、その反面、自分の責任も大きくなります。営業ノルマがない会社で働くことに興味がある人は、自分に合っているかどうか、よく考えてみましょう。

 

営業ノルマがない場合、自己の営業スキルが勝負を決める

ここまでお話してきたように、営業ノルマがない場合は、自己管理力や自己主張力や自己評価力や自己肯定感などの営業スキルが勝負を決めると言えます。これらの営業スキルは、生まれ持ったものではなく、学んだり練習したりすれば身につけることができます。営業ノルマがない環境で成功するためには、これらの営業スキルを意識的に向上させることが大切です。

営業職は、常にスキルや知識を磨かなければならないという要求が高い仕事です。自分の仕事のやり方や経験、知識のレベルに自信がつけば、外回りから帰ってのお仕事が面倒などと言っている場合ではなくなるでしょう。しかし、自分で勉強する時間や方法がわからなかったり、教えてくれる人がいなかったりすることもあるでしょう。そんなときは、オンラインでの学習がおススメです。

例えば、自宅で受けて、結果が出ている人多数!「オンライン営業塾助け舟」をご紹介します。助け舟は、営業のプロが教える実践的で効果的なオンライン講座です。助け舟では、

  • 営業の基本から応用までを学べる
  • お客様のニーズや心理を把握する方法を学べる
  • 競合他社との差別化や価値提案の方法を学べる
  • 営業成績を上げるための戦略やツールを学べる
  • 自分の強みや弱みを分析して改善する方法を学べる

など、営業職に必要なスキルや知識を網羅的に学べます。また、助け舟は、

  • 自宅で好きな時間に学ぶことができる
  • 勉強会やLINEグループで好きなだけ直接質問や相談ができる
  • 実践課題やフィードバックがある
  • 個別コンサルティングを受けることができる

など、受講者の利便性や満足度を高めるサービスも充実しています。助け舟を受講することで、営業職としての自信や能力を高めることができます。助け舟は、どん底の状態から理想の生活を手にいれることができた人が多数生まれています。短い方で、3か月で結果を出しています。この機会にぜひお試しください。

▼結果が出すぎている、こだわりの営業ノウハウ自宅学習サービス「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

 

営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!まとめ

以上、営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!という内容についてお話させていただきました。営業職に興味がある方は、ノルマなしの求人に惹かれることが多いでしょう。しかし、ノルマなしという言葉には、注意すべき裏の意味が隠されているので、それをしっかりと理解しておくことが重要です。以下ポイントです。

●企業側が営業職ノルマなしと謳っている理由・メリットデメリット
・メリット1:働く側の自由度が高い
・メリット2:お客様にも良い影響がある
・メリット3:会社にも良い影響が働く
・デメリット1:モチベーションの低下
・デメリット2:競争力の低下
・デメリット3:収入の低下

●営業ノルマがある仕事に向いている人
・目標達成に対する強い意欲と責任感がある
・ノルマを達成するために、自分で計画を立てて実行できる
・チームワークやコミュニケーション能力が高い
・ネガティブなフィードバックや失敗にめげずに、前向きに学び続けられる
・お客様のニーズや市場の動向に敏感で、柔軟に対応できる

●営業ノルマがない仕事に向いている人
・自己管理能力が高い
・積極的に学ぶ姿勢がある
・長期的な視点を持つ

●営業ノルマがない場合、自己の営業スキルが勝負を決める

最後まで読んでいただきありがとうございました。営業職のノルマあり/なしで就職先の選定に悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

 

【関連記事】
営業職が楽しすぎる理由とは?営業未経験者が知っておきたい5つのポイント

営業担当変更のショックから脱出するには?成功者が実践しているマインドセットとは

営業で嘘をつきたくない人へ|嘘をつかない営業の考え方とノウハウ

営業同行で話せないと悩む人必見!自信を持って営業できるようになる3つのコツ

営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツ

営業職。メンタル崩壊前に試しておきたい事

営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ。なぜ戻りたくないのか理由の深掘りと解決策

契約が1件も取れない営業マンが時間が無い中で営業スキルを磨く方法

営業職をずっと続けるためのモチベーション維持術

人に会うのが怖い営業マン必見!恐怖心を克服する方法とは

営業の勉強する時間がない人必見!空き時間を活用して営業力を高める方法