営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ。なぜ戻りたくないのか理由の深掘りと解決策

アフィリエイト広告を利用しています

営業外回りのあと会社に戻りたくない人は多いでしょう。その理由は、業績のプレッシャーや事務仕事の苦手さ、営業職自体への飽きや不満など様々です。 しかし、営業職を続けるには、自分のメンタルやスキルを磨くことが必要です。 この記事では、営業外回りのあと会社に戻りたくない理由の深掘りと解決策をご紹介します。

営業職を辞めたい、向いていないのかなと思っているけど、もう少し頑張ってみようと考えている方の参考になれば、幸いです。

 

営業外回りのあと会社に戻りたくない理由とは?

営業外回りのあと会社に戻りたくない理由は十人十色様々あるでしょう。代表的なものが以下になると思います。

業績のことをチクチク言われる

営業外回りのあと会社に戻ると、上司や同僚から業績のことをチクチク言われる。たとえば、「今月の目標は達成できるのか?」「あの案件はどうなった?」「もっと頑張らないとダメだぞ」など。これらの言葉は、あなたを励ましているつもりなのかもしれませんが、かえってプレッシャーに感じてしまいます。自分で自分を追い込んでがんばっているのに、他人から言われると余計にストレスが溜まりますよね。

報告書の作成や事務仕事が苦手

営業外回りのあと会社に戻ると、報告書の作成や事務仕事が待っています。これらの作業は、営業職にとって必要不可欠なものですが、苦手な方も少なくないでしょう。報告書は、内容や形式に細かい指示があるので、時間がかかります。事務仕事は、紙やパソコンに向かってひたすら入力するだけなので、退屈です。人と話すことが好きで、このような単調な作業は苦痛と感じる方もいるでしょう。

そもそも営業外回りに行きたくない

営業外回りのあと会社に戻りたくない理由の一つに、そもそも営業外回りに行きたくないということがあります。営業外回りは、お客様と直接対話することで信頼関係を築くことができますが、それだけではありません。交通費や時間のロス、お客様からのクレームや断られるリスク、競合他社との争奪戦など、営業外回りには大変な面も多いです。このような一面に対して疲れてしまうことも少なくありません。

営業職飽きた、もう無理

最後に、営業職自体に飽きてしまっている。10年間も同じ仕事を続けてきたが、もうやりがいや成長を感じられない。毎日毎日同じルーティンを繰り返すだけで、新鮮味や刺激がない。もっと自分の能力や興味を活かせる仕事がしたい。と、そもそものモチベーションの維持に悩んでいる方もいるでしょう。

 

自分は営業職向いてない。辞めたいけど続ける理由

自分は営業職向いてないと思っている人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。営業職に就いてから、毎日のように売上目標に追われ、クレーム対応に悩み、上司や同僚との人間関係に苦しんできました。辞めたいと思うことも何度もありましたが、なかなか踏み切れませんでした。なぜなら、営業職を続ける理由があったからです。

営業職を続ける理由とは何でしょうか。私の場合は、以下の3つです。

  • ビジネスに必要な基本スキルが身につく
  • 自分の努力や工夫が直接結果に出るやりがいがある
  • 幅広い人脈やネットワークが築け将来性がある

ビジネスに必要な基本スキルが身につく

まず、営業職はスキルが身につくという点です。営業職では、コミュニケーション能力や交渉力、プレゼンテーション能力など、ビジネスに必要なスキルを日々磨くことができます。また、自分の商品やサービスを売り込むために、市場や競合の分析や戦略立案など、マーケティングの知識も深めることができます。これらのスキルは、営業職だけでなく、他の職種や業界にも活かせるものです。私も営業職を通して、自分の能力を高めることができたと感じています。

自分の努力や工夫が直接結果に出るやりがいがある

次に、営業職はやりがいがあるという点です。営業職では、自分の努力や工夫が直接結果に反映されます。売上目標を達成したり、新規顧客を獲得したり、契約を取り付けたりするときは、大きな達成感や喜びを感じることができます。また、自分の商品やサービスがお客様の課題を解決したり、価値を提供したりするときは、社会貢献しているという意識や満足感を得ることができます。私も営業職を通して、自分の仕事に誇りや意味を見出すことができたと思っています。

幅広い人脈やネットワークが築け将来性がある

最後に、営業職は将来性があるという点です。営業職では、多くのお客様やパートナーと関わることで、幅広い人脈やネットワークを築くことができます。これは、今後のキャリアチェンジや起業などに役立つ可能性があります。また、営業職では、自分の成果や実績に応じて報酬や昇進のチャンスが与えられます。これは、自分の目標や夢に向かって挑戦し続けることができる環境だと言えます。私も営業職を通して、自分の将来に対する希望や期待を持つことができました。

以上のように、私は営業職向いてないと思いながらも、営業職を続ける理由を見つけることができました。もちろん、営業職には辛いことや苦しいこともたくさんあります。しかし、それらを乗り越えることで、自分の成長ややりがいや将来性を感じることができるのです。もし、あなたも営業職に向いてないと思っているなら、一度自分の中に営業職を続ける理由を探してみてはいかがでしょうか。あなたにとって、営業職の魅力や価値を見つけることができるかもしれません。

 

営業職を続けるならスキルアップしかない

営業職を続けるならスキルアップしかないというのはよく聞く言葉ですが、具体的にどのようなスキルを身につけるべきでしょうか?今回は、営業職に必要な2つのスキル、時間の使い方と提案能力について解説します。

時間の使い方

営業職は、自分の時間を自由に管理できるというメリットがありますが、それゆえに効率的に仕事を進めることが求められます。時間の使い方が上手な営業職は、以下のような特徴があります。

優先順位をつける

営業職は、様々なタスクをこなさなければなりませんが、すべてを同じように扱ってはいけません。重要度や緊急度に応じて、優先順位をつけて処理することが大切です。例えば、既存顧客のフォローアップや見込み客のアポイントメントは、高い優先度を持つタスクです。一方で、資料作成やレポート作成は、重要ではありますが、緊急ではありません。そのため、これらのタスクは、空いた時間に行うか、外注することも検討しましょう。

計画を立てる

時間の使い方が上手な営業職は、計画的に仕事を進めます。毎日のスケジュールや目標を明確にし、それに沿って行動します。また、計画は柔軟に変更できるようにしておきます。予期せぬトラブルやチャンスが発生した場合にも対応できるようにするためです。

集中力を高める

時間の使い方が上手な営業職は、集中力を高めます。集中力が高いと、仕事の質や速度が向上します。集中力を高めるためには、以下のような工夫があります。

しっかり休憩を取る

一気に長時間働くのではなく、適度に休憩を取りましょう。休憩中は、目や体を休めるだけでなく、気分転換もしましょう。例えば、散歩したり、音楽を聴いたり、友人と話したりすることで、リフレッシュできます。「急がば回れ」というやつです。

環境を整える

仕事をする場所や状況にも注意しましょう。静かで快適な場所で仕事をすることが理想ですが、それが難しい場合は、ノイズキャンセリングイヤホンや目隠しマスクなどを利用してみましょう。また、温度や湿度も快適な範囲に保ちましょう。

食事や睡眠をしっかりとる

集中力を高めるためには、身体的な健康も重要です。食事や睡眠は、脳のエネルギー源となります。バランスの良い食事を摂り、睡眠不足にならないようにしましょう。

 

提案能力

営業職は、顧客に自社の商品やサービスを売り込むことが仕事ですが、ただ単に特徴やメリットを説明するだけでは、なかなか契約に結びつきません。顧客のニーズや課題を把握し、それに対する解決策として自社の商品やサービスを提案することが必要です。提案能力が高い営業職は、以下のような特徴があります。

ヒアリングを徹底する

提案能力が高い営業職は、顧客のニーズや課題を徹底的にヒアリングします。ヒアリングとは、質問や聞き返しを通じて、顧客の状況や要望を深く理解することです。ヒアリングをする際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

オープンエンドの質問をする

オープンエンドの質問とは、はい・いいえで答えられないような質問のことです。例えば、「どんな商品をお探しですか?」や「どのような課題に直面していますか?」などです。オープンエンドの質問をすることで、顧客の本音や感情を引き出すことができます。

アクティブリスニングをする

アクティブリスニングとは、相手の話に積極的に耳を傾け、共感や理解を示すことです。例えば、「なるほど、それは大変ですね」と言ったり、「つまり、こういうことですね」と言って要約したりします。アクティブリスニングをすることで、顧客との信頼関係を築くことができます。

フィードバックを求める

フィードバックとは、相手の意見や感想を聞くことです。例えば、「私の説明はわかりましたか?」や「この商品についてどう思いますか?」などです。フィードバックを求めることで、顧客の反応や疑問点を把握することができます。

カスタマイズする

提案能力が高い営業職は、顧客に合わせて提案内容をカスタマイズします。カスタマイズとは、自社の商品やサービスを顧客のニーズや課題に応じて調整することです。カスタマイズをする際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

メリットを伝える

カスタマイズした商品やサービスのメリットを明確に伝えましょう。メリットとは、顧客が得られる具体的な効果や価値のことです。例えば、「この商品は、あなたのお悩みである○○を解決します」や「このサービスは、あなたの目標である△△を達成します」などです。メリットを伝えることで、顧客に購買意欲を高めることができます。

 

時間が無い中で営業スキルを磨く方法

営業職は、常にスキルや知識を磨かなければならないという要求が高い仕事です。自分の仕事のやり方や経験、知識のレベルに自信がつけば、外回りから帰ってのお仕事が面倒などと言っている場合ではなくなるでしょう。しかし、自分で勉強する時間や方法がわからなかったり、教えてくれる人がいなかったりすることもあるでしょう。そんなときは、オンラインでの学習です。

例えば、自宅で受けて、結果が出ている人多数!「オンライン営業塾助け舟」をご紹介します。助け舟は、営業のプロが教える実践的で効果的なオンライン講座です。助け舟では、

  • 営業の基本から応用までを学べる
  • お客様のニーズや心理を把握する方法を学べる
  • 競合他社との差別化や価値提案の方法を学べる
  • 営業成績を上げるための戦略やツールを学べる
  • 自分の強みや弱みを分析して改善する方法を学べる

など、営業職に必要なスキルや知識を網羅的に学べます。また、助け舟は、

  • 自宅で好きな時間に学ぶことができる
  • 勉強会やLINEグループで好きなだけ直接質問や相談ができる
  • 実践課題やフィードバックがある
  • 個別コンサルティングを受けることができる

など、受講者の利便性や満足度を高めるサービスも充実しています。助け舟を受講することで、営業職としての自信や能力を高めることができます。助け舟は、どん底の状態から理想の生活を手にいれることができた人が多数生まれています。短い方で、3か月で結果を出しています。この機会にぜひお試しください。

▼結果が出すぎている、こだわりの営業ノウハウ自宅学習サービス「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

 

営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ。なぜ戻りたくないのか理由の深掘りと解決策まとめ

以上、営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ、その理由の深掘りと解決策についてのお話をしてきました。会社に戻りたくない理由は、業績のプレッシャーや事務仕事の苦手さ、営業職自体への飽きや不満など様々です。 しかし、営業職を続けるには、自分のメンタルやスキルを磨くことが必要です。営業職を辞めたい、向いていないのかなと思っているけど、もう少し頑張ってみようと考えている方の参考になれば、幸いです。

【関連記事】
営業職が楽しすぎる理由とは?営業未経験者が知っておきたい5つのポイント

営業担当変更のショックから脱出するには?成功者が実践しているマインドセットとは

営業で嘘をつきたくない人へ|嘘をつかない営業の考え方とノウハウ

営業同行で話せないと悩む人必見!自信を持って営業できるようになる3つのコツ

営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツ

営業職。メンタル崩壊前に試しておきたい事

契約が1件も取れない営業マンが時間が無い中で営業スキルを磨く方法

営業職をずっと続けるためのモチベーション維持術

営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!

人に会うのが怖い営業マン必見!恐怖心を克服する方法とは

営業の勉強する時間がない人必見!空き時間を活用して営業力を高める方法