営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツ

アフィリエイト広告を利用しています

営業電話をかけても、相手に着信拒否されてしまうことはありませんか?営業電話は、お客様との関係構築に欠かせないツールですが、なかなかうまくいかないことも多いでしょう。着信拒否されると、自分の営業スキルに自信を失ったり、モチベーションが下がったりすることもあるかもしれません。

私も以前は、営業電話で着信拒否されることに悩んでいました。どうすれば相手に興味を持ってもらえるのか、どうすれば信頼関係を築けるのか、わからないままに電話をかけ続けていました。しかし、それでは効果的な営業電話にはなりません。

この記事では、営業電話でお客様に興味を持ってもらう方法や、信頼関係を築くためのコミュニケーションスキル・ツールについてご紹介します。営業電話は、お客様との最初の接点となる重要なツールです。しかし、電話に出てくれても、すぐに切られたり、興味がないと言われたりすることもあります。そんなとき、どうすればお客様の心を掴むことができるのでしょうか?実は、営業電話で成功するためには、いくつかのポイントがあります。それは、お客様のニーズや課題を把握すること、お客様に価値を提供すること、お客様との関係を深めることです。これらのポイントを踏まえて、営業電話でお客様との関係構築のコツを見ていきましょう。

 

営業電話で着信拒否されるのはなぜか

営業電話は、多くの企業が顧客獲得やリピート率向上のために行っている営業手法です。しかし、営業電話をかけても、相手に出てもらえないことや、着信拒否されることが多いのも事実です。では、なぜ営業電話で着信拒否されるのでしょうか?

営業電話で着信拒否される理由は、相手が興味がないからではなく、電話が迷惑だからです。電話は、相手の時間や状況を無視して、自分の都合でかけることができるコミュニケーションツールです。そのため、相手にとっては、予期せぬ電話は邪魔に感じられることが多いのです。

また、営業電話は、相手のニーズや状況を把握していないことが多いです。営業電話をかける前に、相手の業種や規模、課題や目標などをリサーチしておくことが重要です。しかし、多くの営業電話は、リストからランダムにかけるか、一方的に自社の商品やサービスを紹介するだけのものです。これでは、相手に価値を感じてもらうことはできません。

営業電話で着信拒否されないためには、以下のような工夫が必要です。

  • 電話をかける前に、メールやSNSなどでコンタクトを取り、許可を得る
  • 電話をかけるタイミングや時間帯を考慮する
  • 相手のニーズや状況に合わせたオファーを用意する
  • 電話の目的や内容を明確に伝える
  • 相手の反応や質問に対応できるように準備する

営業電話は、効果的に行えば、高い成約率や顧客満足度を得ることができる営業手法です。しかし、着信拒否されることを避けるためには、相手に迷惑をかけないように配慮することが必要です。相手の立場に立って、価値ある情報や提案を伝えることができれば、営業電話の成功率は高まります。

 

着信拒否されない営業電話のコツ

営業電話は、相手の反応が分からない、断られるのが怖い、時間がないと言われるなど、様々な困難に直面します。しかし、営業電話はビジネスにおいて重要なツールであり、効果的に使えば成約率を高めることができます。では、どうすれば着信拒否されない営業電話をかけることができるのでしょうか?営業電話のコツを3つご紹介します。

早いタイミングで要件を伝える

営業電話をかけるときは、最初の数秒で相手に興味を持ってもらうことが重要です。長々と自己紹介や挨拶をすると、相手は飽きてしまったり、用件が何なのか分からずに不信感を抱いたりします。そのため、早いタイミングで自分の名前と会社名、そして何のために電話したのかを明確に伝えましょう。例えば、「こんにちは、〇〇と申します。△△株式会社の営業担当です。今回は、貴社に弊社の新しいサービスをご紹介したくてお電話しました」というように、簡潔かつ具体的に話すことがポイントです。

相手に話す機会を与える

営業電話では、自分の話ばかりするのではなく、相手にも話す機会を与えることが大切です。相手の声を聞くことで、その人の気分や関心度を判断することができますし、質問や意見を聞くことでニーズや課題を把握することができます。また、相手に話す機会を与えることで、対話感や信頼感を高めることができます。そのため、自分の話をするときは適度に区切りを入れて、「いかがでしょうか?」や「ご意見はありますか?」などと相手に尋ねましょう。また、相手の話を聞くときは、メモを取ったり、「なるほど」と相槌を打ったり、「それは大変ですね」と共感したりすることで、傾聴していることを示しましょう。

丁寧かつ敢然と断られる可能性を覚悟する

営業電話では、どんなに上手に話しても、必ず断られることがあります。しかし、それは仕方のないことであり、決して自分のせいだと落ち込んだりしないようにしましょう。断られたときは、丁寧にお礼を言って電話を切るだけでなく、その理由や反応を分析して次回に活かすことが大事です。また、断られる可能性を覚悟することで、自信や勇気が湧いてきますし、相手にも強い印象を与えることができます。そのため、営業電話をかけるときは、丁寧かつ敢然と話すことを心がけましょう。

以上、着信拒否されない営業電話のコツを3つご紹介しました。営業電話は、練習と経験が必要なスキルですが、これらのコツを実践すれば、効果的な営業電話ができるようになるでしょう。

 

お客様との関係構築の方法

一度きりではなく、メールやSNSなど他のチャネルも活用し継続的に行う

お客様との関係構築とは、単に商品やサービスを売るだけではなく、お客様の信頼や満足を得ることです。お客様との関係構築は、一度きりではなく、継続的に行う必要があります。なぜなら、お客様のニーズや状況は変化するからです。また、お客様との関係構築は、メールやSNSなど他のチャネルも活用することで、より効果的になります。例えば、メールでは定期的にお客様に有益な情報やアドバイスを提供することで、価値を感じてもらえます。SNSでは、お客様の投稿にいいねやコメントをすることで、関心を示し、コミュニケーションを取ります。

相手の課題や目的に寄り添う

お客様との関係構築は、ただ連絡を取るだけでは不十分です。お客様との関係構築は、相手の課題や目的に寄り添うことが大切です。お客様が何を求めているのか、どんな問題を抱えているのか、どんな目標を持っているのかを理解し、それに応えることで、信頼関係を築きます。また、お客様の成功や成果を認めて褒めることで、感謝や尊敬を伝えます。

お客様との関係構築は、ビジネスにおいて重要な要素です。お客様との関係構築を行うことで、リピートや紹介などの口コミ効果が期待できます。また、お客様からフィードバックや要望を聞くことで、商品やサービスの改善に役立ちます。お客様との関係構築は、プロフェッショナルな姿勢を示すことでもあります。

 

お客様との関係を深めるためには、営業ノウハウを学ぶことが一番の近道

お客様との関係を深めるためには、営業ノウハウを学ぶことが一番の近道です。では、どのようにして営業ノウハウを学ぶのでしょうか?営業ノウハウの学び方とその効果についてご紹介します。

営業ノウハウとは、お客様のニーズや課題を見抜き、適切な提案や対応をするためのスキルや知識のことです。営業ノウハウを身につけることで、お客様との信頼関係を築きやすくなります。また、お客様からの反応やフィードバックを受け取りやすくなります。これらは、お客様との関係を深める上で重要な要素です。

営業ノウハウを学ぶ方法はいくつかありますが、ここでは代表的な3つを紹介します。

  1. 先輩や上司から教わる
  2. 書籍やオンラインコースなどで自己学習する
  3. 実践を通して経験を積む

先輩や上司から教わる

先輩や上司から教わる方法は、営業現場で実際に使われているノウハウを直接学べるというメリットがあります。しかし、教えてくれる人によって内容や質が異なる可能性があります。また、自分のペースで学べないというデメリットもあります。

書籍やオンラインコースなどで自己学習する

書籍やオンラインコースなどで自己学習する方法は、自分の興味や目的に合わせて選べるというメリットがあります。しかし、理論だけではなく実践も必要なため、学んだことをどう活かすかが課題になります。また、自分で学習計画や進捗管理をしなければならないというデメリットもあります。

実践を通して経験を積む

実践を通して経験を積む方法は、実際のお客様とのやり取りで営業ノウハウを身につけられるというメリットがあります。しかし、失敗や挫折も多く伴うため、メンタル面でのサポートが必要になります。また、自分の弱点や改善点に気づきにくいというデメリットもあります。

以上のように、営業ノウハウを学ぶ方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。どの方法が最適かは、個人の状況や目標によって異なります。しかし、どの方法でも共通して言えることは、営業ノウハウは一朝一夕に身につくものではないということです。継続的に学び続けることが大切です。

お客様との関係を深めるためには、営業ノウハウを学ぶことが一番の近道です。しかし、近道だからといって楽な道ではありません。努力や根気が必要です。しかし、その努力は必ず報われます。お客様から信頼される営業パーソンになるために、営業ノウハウを学びましょう。

 

営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟

営業ノウハウを身につける方法として、営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟の90日ビデオ講座を受講することをおすすめします。

営業塾 助け舟の90日ビデオ講座とは、営業のプロが教える営業スキルや心構えをビデオで学べるサービスです。以下のような特徴があります。

▼クビ一歩手前の営業を1億円プレイヤーに。営業ノウハウの自宅学習サービス「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

特徴1:営業初心者からベテランまで幅広く対応

営業塾 助け舟の90日ビデオ講座は、営業初心者からベテランまで幅広く対応しています。営業同行で話せないと悩む人だけでなく、営業成績を伸ばしたい人や営業マネージャーになりたい人も学べます。

特徴2:自宅で好きな時間に学べる

営業塾 助け舟の90日ビデオ講座は、自宅で好きな時間に学べるサービスです。インターネット環境があれば、パソコンやスマホからアクセスできます。営業同行の前や後に学べば、効果的にスキルアップできます。

特徴3:実践的な内容で成果が出る

営業塾 助け舟の90日ビデオ講座は、実践的な内容で成果が出るサービスです。営業同行で話せるようになるためのコツだけでなく、商談の流れやクロージングの方法、顧客フォローの仕方など、営業現場で役立つノウハウが満載です。

▼結果が出すぎている、こだわりの営業ノウハウ自宅学習サービス「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

 

営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツまとめ

以上、営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツについてお話させていただきました。

営業電話で着信拒否されるのは避けられないことではありますが、その可能性を下げるための対策を行う手段はあります。それは、普段からお客様との信頼関係を築くことを心掛けておくことです。そのためには営業ノウハウを身につけて実践する必要があります。

とはいえ、そんな時間を簡単にとれるものではありません。そこで、自宅で自分のペースで営業ノウハウを学ぶことができる「自宅学習サービス:営業塾 助け舟」を最後にご紹介しました。日々営業職に携わっている方の参考になれば、幸いです。

▼どの業種の営業でも実践できる、売れる営業ノウハウを空き時間に自宅で学習「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

 

【関連記事】
営業担当変更のショックから脱出するには?成功者が実践しているマインドセットとは

営業で嘘をつきたくない人へ|嘘をつかない営業の考え方とノウハウ

営業同行で話せないと悩む人必見!自信を持って営業できるようになる3つのコツ

営業職が楽しすぎる理由とは?営業未経験者が知っておきたい5つのポイント

営業職。メンタル崩壊前に試しておきたい事

営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ。なぜ戻りたくないのか理由の深掘りと解決策

契約が1件も取れない営業マンが時間が無い中で営業スキルを磨く方法

営業職をずっと続けるためのモチベーション維持術

営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!

人に会うのが怖い営業マン必見!恐怖心を克服する方法とは

営業の勉強する時間がない人必見!空き時間を活用して営業力を高める方法