営業で嘘をつきたくない人へ|嘘をつかない営業の考え方とノウハウ

アフィリエイト広告を利用しています

営業という仕事は、お客様に商品やサービスを提供することで、収入や利益を得ることが目的です。しかし、その過程で、お客様のニーズに合わせて、自分の商品やサービスを良く見せるために、ついつい嘘をついたり、誇張したり、隠したりすることがありませんか?

営業で嘘をつきたくないと思っている人は、多くいると思います。嘘をつくことは、自分の良心に反するし、お客様に見透かされて信頼されないしで、長期的な関係を築くことができません。また、嘘がバレた場合は、契約の解除やクレーム、訴訟などのリスクもあります。

この記事では、営業で嘘をつきたくない人へ、嘘をつかない営業の考え方とノウハウをご紹介します。この記事を読んで、嘘をつかない営業のやりがいと充実感につなげてください。参考になれば、幸いです。

 

営業で嘘をつかない人の特徴とは

営業という仕事は、顧客に商品やサービスを売ることが目的ですが、その過程で嘘をついてしまうことはありませんか?嘘をつくと、一時的には成果が出るかもしれませんが、長期的には信頼を失ったり、クレームやトラブルに巻き込まれたりするリスクが高まります。嘘をつかない営業は、顧客との良好な関係を築き、継続的なビジネスを展開することができます。では、営業で嘘をつかない人の特徴とはどのようなものでしょうか?ここでは、営業で嘘をつかない人の特徴として、顧客の立場になって考える、自分の商品やサービスに誠実に対応する、真実や事実に基づいて提案するという3つのポイントを紹介します。

顧客の立場になって考える

営業で嘘をつかない人は、顧客の立場になって考えることができます。顧客のニーズや課題、予算や期限などを把握し、それに応じた最適な商品やサービスを提供します。顧客の立場になって考えることで、無理な売り込みや誇大広告を避けることができます。また、顧客の満足度やロイヤルティを高めることもできます。顧客の立場になって考えるためには、以下のような方法が有効です。

  • 顧客とのコミュニケーションを密にする
  • 顧客の業界や市場に関する知識を深める
  • 顧客のフィードバックや評価を受け入れる
  • 顧客の成功事例や失敗事例を共有する

自分の商品やサービスに誠実に対応する

営業で嘘をつかない人は、自分の商品やサービスに誠実に対応することができます。自分の商品やサービスの特徴やメリット、デメリットや制限などを正確に捉えており、またそれを伝えることができるでしょう。自分の商品やサービスに誠実に対応することで、顧客に期待外れや不満を与えることを防ぐことができます。また、自分の商品やサービスの価値や品質を高めることもできます。自分の商品やサービスに誠実に対応するためには、以下のような方法が有効です。

  • 自分の商品やサービスの詳細や仕様を把握する
  • 自分の商品やサービスの強みや弱みを分析する
  • 自分の商品やサービスの改善点や改良点を探す
  • 自分の商品やサービスの競合他社との差別化を図る

真実や事実に基づいて提案する

営業で嘘をつかない人は、真実や事実に基づいて提案することができます。顧客に対して、自分の商品やサービスの効果や成果、コストやリスクなどを根拠やデータを用いて説明します。真実や事実に基づいて提案することで、顧客に信頼感や安心感を与えることができます。また、顧客の課題や目標を解決や達成することもできます。真実や事実に基づいて提案するためには、以下のような方法が有効です。

  • 自分の商品やサービスの実績やケーススタディを用意する
  • 自分の商品やサービスの評判や口コミを集める
  • 自分の商品やサービスの証明書や認証書を提示する
  • 自分の商品やサービスの保証やアフターサービスを明示する

以上、営業で嘘をつかない人の特徴として、顧客の立場になって考える、自分の商品やサービスに誠実に対応する、真実や事実に基づいて提案するという3つのポイントを紹介しました。これらの特徴を持つ営業は、顧客との信頼関係を築き、長期的なビジネスを展開することができます。営業で嘘をつかない人になるためには、日々の営業活動でこれらのポイントを意識して実践してみましょう。

 

営業で嘘をつかない人が得られるものとは

営業という仕事は、商品やサービスを売るだけではなく、顧客との関係を構築することも重要です。そのためには、嘘をつかないことが必須です。嘘をつくと、一時的には売上や利益を得られるかもしれませんが、長期的には信頼を失い、顧客や自分自身に不利益をもたらします。逆に、嘘をつかない人は、以下の3つのメリットを得られます。

長期的な信頼関係を築く

嘘をつかない人は、顧客に対して誠実で正直に対応します。その結果、顧客は自分のニーズや問題に寄り添ってくれるパートナーとして営業担当者を見るようになります。信頼関係が築かれると、顧客はリピートや紹介をしてくれたり、新しい商品やサービスにも興味を持ってくれたりします。また、信頼関係があれば、価格交渉やクレーム対応もスムーズに行えます。長期的な信頼関係は、営業成績の向上や安定につながります。

自分自身の成長やスキルアップを促す

嘘をつかない人は、自分の商品やサービスについて深く知る必要があります。嘘をつくと、顧客からの質問や反論に対応できなくなります。そのため、嘘をつかない人は、常に勉強や研究をして、自分の知識や理解を深めます。また、嘘をつかない人は、自分の弱点や課題に向き合う必要があります。嘘をつくと、自分の能力や成果に過信してしまいます。そのため、嘘をつかない人は、常に反省や改善をして、自分のスキルや品質を高めます。自分自身の成長やスキルアップは、営業力の向上やキャリアアップにつながります。

顧客からの感謝や評価を得る

嘘をつかない人は、顧客に対して価値ある商品やサービスを提供します。嘘をつくと、顧客の期待と現実のギャップが生じてしまいます。そのため、嘘をつかない人は、顧客の満足度やロイヤルティーを高めます。顧客からの感謝や評価は、営業担当者にとって大きなモチベーションとなります。また、顧客からの感謝や評価は、会社や上司からの評価にも影響します。営業担当者の評価は、報酬や昇進にも関わります。

以上のように、営業で嘘をつかない人が得られるものは多くあります。嘘をつくことは短期的な利益にしかなりませんが、嘘をつかないことは長期的な利益になります。営業で嘘をつかない人は、顧客との関係や自分自身の成長、そして評価や報酬など、すべての面でメリットを享受できます。営業で嘘をつかない人になるためには、自分の商品やサービスに自信を持ち、顧客のニーズや問題に真摯に対応し、自分の能力や成果を客観的に評価することが必要です。営業で嘘をつかない人は、営業のプロフェッショナルとして尊敬される人です。

 

営業で嘘をつきたくない人が学ぶべきノウハウとは

営業で嘘をつきたくない人が学ぶべきノウハウとは何でしょうか?営業は、顧客との信頼関係を築くことが重要です。嘘をついても、すぐにバレてしまうか、将来的にトラブルになる可能性が高いです。嘘をつかない営業をするためには、以下の3つのノウハウを身につける必要があります。

商品やサービスの特徴やメリットを正しく伝える

商品やサービスの特徴やメリットを正しく伝えることは、顧客に価値を感じてもらうために欠かせません。嘘をつくと、顧客の期待と実際の商品やサービスの品質や性能が乖離してしまい、満足度が低下します。その結果、リピートや紹介が減り、売上にも影響します。正しく伝えるためには、以下のことに注意しましょう。

  • 商品やサービスの特徴やメリットを自分で理解しておく
  • 顧客のニーズや課題に合わせて、最適な商品やサービスを提案する
  • 商品やサービスのデメリットや制限も隠さずに説明する
  • 証拠や事例を用いて、商品やサービスの効果や実績を示す

顧客のニーズや課題を的確に把握する

顧客のニーズや課題を的確に把握することは、顧客に適切な商品やサービスを提供するために必要です。嘘をつくと、顧客の本当のニーズや課題とは異なる商品やサービスを勧めてしまい、顧客の問題解決に貢献できません。その結果、顧客の信頼や満足度が低下します。的確に把握するためには、以下のことに注意しましょう。

  • 顧客とのコミュニケーションを積極的に行う
  • 顧客の現状や目標、困っていることなどを聞く
  • 顧客の言葉だけでなく、態度や表情なども観察する
  • 顧客のニーズや課題を明確化し、確認する

オブジェクションに対応する

オブジェクションとは、顧客が商品やサービスに対して持つ疑問や反対意見のことです。オブジェクションに対応することは、顧客の不安や懸念を解消し、購入意欲を高めるために重要です。嘘をつくと、オブジェクションが解決されず、顧客が納得しないまま契約してしまうか、契約しないまま離れてしまいます。その結果、アフターサービスでトラブルが発生したり、クレームが増えたりします。対応するためには、以下のことに注意しましょう。

  • オブジェクションを否定せずに、受け入れる
  • オブジェクションの背景や理由を探る
  • オブジェクションに対して、論理的かつ誠実な回答をする
  • オブジェクションが解決されたかどうかを確認する

以上、営業で嘘をつかない人が学ぶべきノウハウについて紹介しました。営業で嘘をつくと、短期的には売上が上がるかもしれませんが、長期的には顧客や自分自身にとってマイナスになります。嘘をつかない営業をすることで、顧客との信頼関係を築き、継続的なビジネスを展開できるようになります。ぜひ、このノウハウを参考にしてみてください。

 

営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

営業で嘘をついたり、誇張したりしたくないという想いを持ってお仕事をするには、そうならないための考え方やノウハウを習得することが必要です。しかし、そういった営業ノウハウを身につけるためには、時間やお金がかかります。

そこでおすすめなのが、「営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟 90日ビデオ講座」です。

▼クビ一歩手前の営業を1億円プレイヤーに。営業ノウハウの自宅学習サービス「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

「営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟の90日ビデオ講座」は、営業力を高めたい方におすすめのオンライン教育プログラムです。この講座では、営業の基礎から応用まで、実践的なスキルやノウハウをビデオで学ぶことができます。また、講師のフィードバックや質問にも対応してくれるので、自分のペースで学習を進めることができます。この講座は、90日間で営業成績を向上させることを目指しています。営業塾 助け舟の90日ビデオ講座は、自宅で営業ノウハウを学びたい方に最適なサービスです。

▼どの業種の営業でも実践できる、売れる営業ノウハウを空き時間に自宅で学習「営業塾 助け舟」はこちら▼
営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

 

営業で嘘をつきたくない人へ|嘘をつかない営業の考え方とノウハウまとめ

以上、営業で嘘をつきたくない人へ、嘘をつかない営業の考え方とノウハウとして以下についてお話させていただきました。

  • 営業で嘘をつかない人の特徴
  • 営業で嘘をつかない人が得られるもの
  • 営業で嘘をつきたくない人が学ぶべきノウハウ
  • 営業ノウハウの自宅学習サービス:営業塾 助け舟の90日ビデオ講座

営業で嘘をつきたくない人、嘘をつかない営業の考え方とノウハウを知りたい人、嘘をつかない営業のやりがいと充実感を得たい人 の参考になれば、幸いです。

【関連記事】
営業担当変更のショックから脱出するには?成功者が実践しているマインドセットとは

営業同行で話せないと悩む人必見!自信を持って営業できるようになる3つのコツ

営業電話で着信拒否された経験がある人必見!お客様との関係構築のコツ

営業職が楽しすぎる理由とは?営業未経験者が知っておきたい5つのポイント

営業職。メンタル崩壊前に試しておきたい事

営業外回りのあと会社に戻りたくない人へ。なぜ戻りたくないのか理由の深掘りと解決策

契約が1件も取れない営業マンが時間が無い中で営業スキルを磨く方法

営業職をずっと続けるためのモチベーション維持術

営業職ノルマなしは嘘?その内容の本当の意味を徹底解説!

人に会うのが怖い営業マン必見!恐怖心を克服する方法とは

営業の勉強する時間がない人必見!空き時間を活用して営業力を高める方法